Article

        

【衝撃】京都馬主協会ホームページに異変あり!?

2014/ 02/ 23
                 
1年前からガン見していたとするとマジヤバーイ(昔そんな馬がいたな……)
【衝撃】京都馬主協会ホームページに異変あり!?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2/24(月)東京2R
3歳未勝利に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ルヴェソンヴェール)
超マニアック東京ご当地馬主、佐々木雄二オーナーの勝負馬。毎日ガン見している読者には昨秋の東京で軽く触れた“エジプトっぽい馬”ことスフィンクスが記憶に新しいところだが、今回はメンバーやダート適性を見極めて、先週の代替競馬で月曜に突如出現した東京★Rに使ってきた。

先週の予定が1週スライドを余儀なくされた馬達と比べると、中間の調整がすこぶる順調なのが最大の強味だ。最終追いも速い時計の出づらい美浦ウッドで自己ベストに肉薄するほど動いたし、とにかく状態に関しては太鼓判を押せる。あとは展開に牡馬との力関係だけ。稽古の動き通りなら好勝負になると思うぜ。

おまけ
2/24(月)東京6R
3歳500万下に出走予定
(サトノルパン)
先週の代替競馬で読者のみんなも悟ったと思うけど、いかんせん関東馬の勝負話はアテにならんのよ。そこで今夜はもう1頭、月曜東京の適鞍に必勝を期して東上する関西勝負馬を。出走予定が二転三転して最後は東京★Rに落ち着いたが、ココの有力馬は先週の予定が1週スライドになり、調整が狂いまくっている関東馬だからな。オーナー・サイダー的にも影武者ヤリ(※1)になるし、多忙の★★★オーナーが平日に競馬場へ来場するかはともかく、明らかに陣営は御前試合を狙った使い方だ(共同通信杯の出走馬も人気に支持されているので誰かしら絶対に来る)。鞍上も1鞍入魂で乗りに来るし、先週に続いて(※2)丸乗りさせてもらうとするか。
(※1シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)
(※2・2/15O・S&騎手の新聞に載らない本音で仕留めた!!を参照)

------------------------------------------------------------------








無理







フェブラリーSは◎ホッコータルマエ(2着)は自分の競馬に徹して力は出し切ったけど、勝った最低人気コパノリッキー情報会議の合議制で決める3点じゃ入らんよ。



仮に、仮にだよ。俺が情報会議で「Dr.コパさん(小林祥晃オーナー)は東京ご当地馬主(※1)。地元開催の東京で行われるフェブラリーSに抽選で滑り込んだようにツキもある。買い目に加えるべきだ」と、O・S馬券術を根拠に主張したとしよう。


※1詳しくは過去ブログ

13年1/12昼個人馬主で1日3戦3勝の大記録にリーチ!

13年1/12夜風水パワーで3戦3勝のパーフェクト達成!?

13年1/13O・Sブログで馬主さんを紹介して何が悪いのか?

13年1/19【続・ペニオク問題】カネは天下の回り物?

をガン見してくれ。
(ペニオク騒動の時はかえってご迷惑をかけちまったな……)


多数決の情報会議で爆穴の推奨は情報的に相当な裏付けがないと通らないし、恐らく昨年末に1秒以上負けたOP特別2戦の敗因を求められて、どんなに完璧な切り返しをしても、まず主張は退けられただろう。



もっともコパノに勝たれたのは仕方ないとして、2/21(金)ファンが求める情報を公開しない新聞にバカモーン!!で不安話をスッパ抜いたワンダーアキュート(6着)が、会議の多数決で買い目に入ったことの方が、情報屋さん的にどうかと思うけどな(怒)


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2014年 フェブラリーS コパノリッキー(1着)

検量室前でコパさんを西山オーナーがカメラで撮っていた姿が印象的だったな
(さすがにフジテレビの動画はまだYouTubeにアップされてなかった)


それはともかく、昨夜のブログFC2ブログランキング紹介欄で書いた某大物関係者が俺の身分照会に動いている噂の件で、読者みんなに心配をかけて申し訳ない。



とりあえず今回の騒動は相撲協会の九重親方と同じく(?)、完全に俺の不徳の致すところだからな。



こちとら怒らせると超ヤバい人なのは百も承知の上で傾いたワケだし、もう少し格好いい名称にすれば良かったと軽く後悔したが(笑)、とりあえず自分のケツは自分で拭く。



そんな前田慶次よろしくの俺よりも結果的に申し訳ないことをしちまったのが、今年に入り何回かブログで取り上げている山上和良オーナーだ。



京都馬主協会のホームページ淀に吹く風というコラムを書いていると紹介した馬主さんだけど、風の噂(爆笑)によると、俺が原因(?)で淀に吹く風のコーナーが消滅の危機に陥っているらしい。



何でこんなことになるのか、順を追って説明するとだな……



毎日ガン見している読者は覚えているかもしれないが、昨年の正月開催(※2)で京都馬主協会ホームページの「今週の注目馬」を取り上げたことがあった。



ところがこのコーナーで名前の挙がった馬達の成績が、俺調べ(当社比)であまりよろしくない。



そのことをいつものノリで



仮にHP管理者のチョイスだとしたら、大変申し訳ないけどセンスが感じられない(笑)
※2当時の原文まま



とキッパリ書いちまったんだよ?
(※2・13年1/8ヤバイ話シリーズ(京都馬主協会のHPが凄い!?)を参照)



それから間もなくして正確な日付は定かじゃないけど、京都馬主協会のホームページから今週の注目馬コーナーが影も形もなく消滅した……



この時点では俺も軽くやっちまったかな~と思ったが(オイっ!!)、たまたまホームページのプチリニューアルが重なっただけかもしれないじゃん?



時を前後して東京馬主協会の重鎮が経営する競馬ポータルサイトでの予想行為が問題視されていたし、「馬主協会の公式HPで注目馬を取り上げるのは道義的にどうなのか?」的な意見が議題にあがったに違いない。そう自分に言い聞かせていたワケだ。



と・こ・ろ・が



あれから約1年後、山上和良オーナーを取り上げた際にブログ(※3紹介欄での内容も含む)で発した俺の不用意な発言が、また人気コーナーを消滅危機に陥らせちまった。。。



知っての通り紹介欄で書いた内容は毎日更新で証拠が残らない。それが俺的にメチャクチャ都合が良いんだが、いかんせん自分でも正確にどんなことを書いたのか、原文が残っていないので思い出せないデメリットもある。
(※3・1/9【大人気】ヤバイ話シリーズ(馬主廃業の危機!?)を参照)



そんなワケで俺の曖昧な記憶と憶測も多分に含まれているのを前置きしておくが、どうやら山上和良オーナーのコラムを指して、ブログ紹介欄で「や○つけ仕事」みたいなことを書いたことが、馬主さん達の間で話題になったらしいんだよ?



それ以外にも俺の不徳の致すところ(何気にコレが1番デカいかも……)や“大人の利害関係”(察してくれ!!)などが複雑に重なり京都馬主協会内で淀に吹く風コーナー消滅の動きがある



それを裏付ける(?)ように、1月末から山上和良オーナーのコラム内容がかなり濃くなった(と俺は思う)。昨年末のバックナンバーと比較すると、文章に込められたオーナーの意気込みが天地の差だよ(マジ)



ち・な・み・に



これは噂じゃなくて確定情報だけど、山上和良オーナーは俺に対して、某大物関係者に勝るとも劣らないほど、メチャクチャご立腹だとうかがっている。



確かに事実はどうあれ「や○つけ仕事」は弁解の余地がない侮辱用語だし、イチ競馬ファンの率直な意見を書きつづっただけとはいえ、本当に申し訳ございませんでした。不用意な発言でお心を痛められたことを、この場を借りて謝罪させてください。



もっとも俺が謝ってコラム消滅の危機が去るかどうかは、全くの別問題だからな。



それだけ京都馬主協会内で●●●●さんの発言力は絶大だし、俺ができることは淀に吹く風がこの世から消え去った時は、その裏に大人の利害関係が深く絡んでいることを、読者のみんなに伝えることくらいしかできない。



しかし、今回の件で聖域だと思い込んでいたFC2ブログランキング紹介欄も、馬主さんや関係者に存在を知られていることを痛感した。



俺の失言癖は森元首相レベルとはいえ、その中には読者に向けたパフォーマンスとして、意図的にやっているのも少なくない。



日毎からひと言多い俺は“沈黙は金、雄弁は銀”を座右の銘に生活しているけど(ホントだよ!!)、ブログで毎回沈黙すると読者は面白くないからな。



それこそS田さんの放置ブログみたいになるし……
(あくまでイチ競馬ファンの率直な意見)










……おっと、言っているそばからコレだ(苦笑)



やっぱり沈黙は俺のキャラにあってない。だめだこりゃ。。。

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
いかりや長介 だめだこりゃ

この動画はオチだけで超笑えるぜ(高木ブーがイイ味を出している)

------------------------------------------------------------------

“キネオ”(吉田千津OW)軍団が走って来るゾ!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強3月号

競馬最強の法則3月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント