Article

        

【VM】フーラブライドの馬主名義マル秘話とは!?

2014/ 05/ 16
                 
文章だと気を使った言い回しが逆に誤解されて伝わることがあるので難しい……
【VM】フーラブライドの馬主名義マル秘話とは!?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
5/17(土)京都9R
白川特別(芝2400M)に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (エーティータラント)
最初にハッキリ断っておくが、今夜の土曜京都9R推奨は下記本文に合わせたネタ馬だ(オイっ!!)。しかも白川特別は火曜ブログで隠れ京都ご当地馬主の勝負馬を取り上げている。毎日ガン見している読者にはツッコミどころ満載だけど、人気ブログランキングも夏のクラス編成前に何とか決めたいらしい。俺は血統的(※1)に本格化は秋以降と見ているが、情報どおり走れる状態なら大崩れはないんじゃないか?
(※1兄弟馬&生産者を要チェック。補足までに★★オーナー夫妻が手放した後は牧場所有になり、★★★★オーナーがセリで購入している)

おまけ
5/17(土)京都3R
3歳未勝利に出走予定
(ストームシャドウ)
上記のネタ推奨(?)はニシノメイゲツで結果が出ている(※2)とはいえ、これで終わらすと良識を疑われるからな。そこで今夜は泣く子も黙る京都ご当地馬主、前田幸治オーナーの勝負馬も同時公開。春の天皇賞週で散々ヤンチャした直後だけにドキドキもんの推奨だけど、馬に罪はないからな。今回はレース慣れも見込めるだろうし、後入れの偶数枠を引いてゲート内で待たされる時間が少ないのもイイ。京都10R彦根Sのフォーチュンスターと最後まで迷ったけど、相手関係&情報的に人気ブログランキングかな~

※2詳しくは過去ブログ

5/1俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの?

5/9【衝撃】ニシノメイゲツに合計1000万の異常投票!?

をガン見してくれ。

------------------------------------------------------------------






待たせたな!






今週はヴィクトリアマイル(以下VM)そっちのけで共有馬主&半持ちの新聞に載らない激裏話を例の場所でコッソリ公開しているけど、毎日ガン見している馬主マニア(?)の読者以外には、ネタ的に少々マニアックだからな。



そこで馬券とは直接関係は薄いが、話の流れでVMに出走を予定しているフーラブライド馬主名義マル秘話を、満を持してぶっ放そうと思う。



フーラブライド



フーラブライドは社台グループのグランドマザー、吉田和子オーナーの名義で走っている。過去にはベガ、ファビラスラフイン、ゴールドティアラ、キストゥヘヴンなどの名牝で数々のG1を制したのは、競馬歴の長いファンには説明不要だろう。



そして上記で挙げた代表馬はキストゥヘヴンを除き、社台グループが生産or海外で購入した馬達だ。



と・こ・ろ・が



フーラブライドを生産したのは青藍(せいらん)牧場。しかも庭先で購入という、吉田和子オーナー名義では激レアな存在だったりする。



大前提として近年の吉田和子オーナー名義の所有馬は、社台グループ内の俗に言うワケアリ商品(何らかの理由により個人馬主やクラブにも卸せない馬)か、セリで対外的な目的で購入した馬が大半だ。
(キストゥヘヴンも非社台系牧場の生産馬だがセリで購入)



この件は本筋と異なる上にヤバイ話なので関係者にバレない場所に回すけど、社台グループが他の生産牧場から庭先でお馬さんを購入することは、宣伝効果も薄いしワケアリなケース以外は基本的にしないワケよ。


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


前置きが長くなっちまったけど、いよいよ本題に入ろう。ここで読者のみんなはフーラブライドの母ヒカルカリーナと、その兄弟馬に注目してほしい。



フーラブライド兄弟



ヒカルカリーナ(父メジロマックイーン)はオーナー・サイダー1単行本で取り上げた東京ご当地馬主、高橋光オーナー(故人)の愛馬。現役時代はJRA未勝利。中央に再転入して500万でも何回か馬券に絡んだこともあるが、近親に目立った活躍馬はおらず地味な血統だ。



それでも高橋オーナー夫妻は引退後も自己所有の繁殖牝馬として産駒を4頭走らせたが、3番仔のヒカルハナミチが中央2勝した以外は未勝利か未出走のまま引退と、フーラブライドが活躍する以前の繁殖成績はお世辞にも良くなかった。



さ・ら・に



ここに来てヒカル軍団は現役馬まで名義変更が相次いでいる(※2)ように、フーラブライドがデビューする2011年頃は高橋オーナー夫妻が競馬事業の縮小を水面下で進めていた時期なんだよ?


※2

ヒカルマナムスメ 牝3 父ディープインパクト 母ヒカルウェイヴ
⇒西山茂行オーナーに名義変更

ヒカルブルービー 牡3 父ヨハネスブルグ 母ヒカルエガオ
⇒ドリームジャパンホースレーシングに名義変更


当然、ヒカルカリーナの2009(父ゴールドアリュール)ことフーラブライドも例外ではなく、本来はヒカル~の馬名で走るハズだったけど、紆余曲折を経て社台グループが引き取ることになった。



この辺の経緯はヒカルオオゾラ、ヒカルアマランサス(2頭ともノーザンF生産)など、生前に高橋光オーナーは社台グループを懇意にしていたからな。デビュー前のフーラブライドは血統的にも目立たない小柄な牝馬だし、察するに社台へお願いした思われる。



ところがどっこい、



そんな悲しい境遇を馬自身が知ってか知らずか、フーラブライドは4歳秋の芝替わりを契機に母父メジロマックイーンの奥手の血が開花。重賞2勝を含む5戦4勝の成績を残し、春の古馬牝馬ナンバー1を決める舞台に駒を進めてきた。



この活躍はやむを得ぬ事情があったとはいえ、天国の高橋光オーナーと京子夫人は、メチャクチャ悔しい思いをしているに違いない。



何と言ってもVMが行われるのは高橋オーナー夫妻の地元、東京競馬場だ。これでフーラブライドが勢いそのまま良血馬を蹴散らしてG1を勝ったら……















……とG1は基本的に全馬ガチンコだし、斤量増と距離適性から恐らく甘くない。



逆に社台グループ的には勝ったら勝ったで嬉しいとは思うけど、マジでかける言葉が見つからないよな~



東京馬主協会に所属するオーナー達が馬主席でどんなに慰めても、愛娘を手放した自責の念にかられるだろうな。。。


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【23:00に追記】
名前は出せないが、某大物関係者より「高橋光オーナーに関する表記方法が適切ではない」とのご意見を頂戴したので、言い回しを一部修正しました。オーナー・サイダー1単行本ではご夫婦で紹介し、フーラブライドとその母ヒカルカリーナを手放した当時は高橋光オーナーが存命だったので、読者が混乱しないよう名義変更の細かい経緯を省き、このような書き方をした次第です。

今後もよろしくご指導のほど、お願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------

【ダーレー軍団】躍進と不振の謎に迫る!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強6月号

競馬最強の法則6月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント