Article

        

【烏丸S】ここで狙わなくていつ狙うの?今でしょ!!

2014/ 05/ 20
                 
アドマイヤも色々と物いりなので馬主情報的には悩ましいところだが……
【烏丸S】ここで狙わなくていつ狙うの?今でしょ!!



桜花賞の激裏話はトレセン内外で拍手喝采(マジ)






優駿牝馬






ハープスター(近藤利一OW)





口アングリー暴露ネタSPECIAL



関係者にバレないところ(?)でコッソリ公開!!




【口アングリー暴露ネタSPECIAL公開日程(予定)】

・桜花賞後日談 5/17(土)  公開済
・第1回      5/18(日)昼 公開済
・第2回      5/18(日)夜 公開済
・第3回      5/19(月)  公開済
・第4回      5/20(火)  公開中
・第5回      5/21(水)  (19~21時)~
・第6回      5/22(木)  (19~21時)~
・第7回      5/23(金)  (19~21時)~
・第8回      5/24(土)昼 12:30~
・第9回      5/24(土)夜 (19~21時)~

お陰様で桜花賞のハープスターの新聞に載らない激裏話の反響がメチャクチャ大きかったので、大好評に応えてオークスでもやります!! ただ、4/5(土)【桜花賞前夜祭】影の主役は近藤利一オーナー!?で詳しく説明したように、今回の口アングリー暴露ネタSPECIALも危険度MAXの某大物関係者が深く関わってくる。そんなワケでまたまた“例の場所”をフル活用して公開させてほしい。

そこで前回時に拍手コメントで寄せられた質問にも返答するつもりだが、いかんせん例の場所は1回に書ける文字数に制限があるからな。ネタによっては何回かに分けて公開せざるを得ないし、前回と同様1日でも見逃すと話の前後がつながらなくなるのが最大のネック。読者に負担を強いるのは本意じゃないけど、誰でも見られるブログじゃヤバ過ぎて書けないので……



人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
5/25(日)京都11R
烏丸S(芝2400M)に出走予定

毎日ガン見している読者は気付いていると思うが、メインレースは“大人の事情”が絡んでくるので、週中には取り上げないようにしている。それは基本的にオークス裏開催の京都メインも同様だが、合議制の会議だと本命は十中八九、烏丸Sは近藤利一オーナーの勝負馬アドマイヤバラードになる。前走はOPのメトロポリタンSに格上挑戦して僅差3着。しかも当時は2週前に除外されてスライド出走で、今回は中間の調整も順調そのもの。ハンデも56キロと恵まれたし、情報的にはコレが1番だろうな。



し・か・し



その前に立ちはだかるのは京都在住のご当地馬主3本の矢“京都の守護神”、大八木信行オーナーのトラストワン“祇園精舎の兼の声”、兼松利男オーナーのカネトシマーシャル。この2頭もO・S的に要注目だが前者は京都に居残った武豊Jを配して勝負気配も、成績的に勝ち切るイメージがない。後者は1週前追い切りの動きは超絶だけど、ハンデは何故かアドマイヤより重い57キロ。2400Mの距離にも実績がないし、どちらも◎を打つには少々心許ない。



そ・こ・で



俺の独断と偏見で本命には“本家・淀の帝王”(仮)、★★★★オーナーの人気ブログランキングを推したい。先週、オーナー期待の3歳馬が京都の適鞍ガン無視で新潟に遠征してタコ負けしたけど、仮に京都の自己条件に使っていたら、エイシンスパルタンに蹴散らされたからな。OP特別の葵Sに格上挑戦しても足りなかったと思うし、単純に直千競馬の適性が無かっただけで、陣営の選択としては間違ってなかった?

その点、人気ブログランキングにとって烏丸Sは、オーナー地元開催の京都に組まれた超ベスト条件。情報的に林修先生の言葉を借りれば「ここで狙わなくていつ狙うの?今でしょ!!」というほど熱い。久々の前走は完調手前に加えて距離不足だったし、元より叩いた今回が勝負だ。アドマイヤ相手に勝てるとは言わない。でも、絶対馬券に加えておいた方がいい馬だぜ。

------------------------------------------------------------------

【ダーレー軍団】躍進と不振の謎に迫る!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強6月号

競馬最強の法則6月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント