Article

        

【憤激リポート】医者も調教師も同じ“先生”だが……

2014/ 07/ 05
                 
認知症で困っている読者は拍手コメントで質問してくれ。何でも相談に乗るぜ!!
【憤激リポート】医者も調教師も同じ“先生”だが……






待たせたな!






土曜昼ブログでも触れたけど、7/4(金)【現状報告2014上半期】徳●会グループとの死闘でお袋がくも膜下出血でぶっ倒れてからの出来事を書いたら、100をはるかに超える激励の拍手コメントが寄せられている。



本当に感謝感激雨あられだけど、同時に俺と同じく認知症に無知な医者の処方によって、薬害に苦しめられている人が大勢いることもよ~く分かった。



そんなワケで当初は先日「眼科→耳鼻科→歯医者」と病院を3件ハシゴした待ち時間を有効利用(?)して、読破した樋野竜司さんの最新単行本無印良駿の感想で行こうと思っていたが、今夜は話の流れで認知症関連の続きをさせてほしい。



hakusyu.png
本当に多くの激励拍手コメントありがとよ!!



さて、昨日はできるだけ簡潔に話をまとめる目的で徳●会との死闘をメインに据えたけど、くも膜下出血手術後のお袋の症状がポッカリ抜けていた。



振り返れば以前からレビー小体型認知症の特徴(幻視、物取られ妄想、うつ)が見かけられたが、ぶっ倒れてからは傾眠、分かりやすく説明すると叩き起こそうがすぐ眠ってしまう寝っぱなしの状態になっちまった。



昨年9月に水頭症の手術をしてからも症状は変わらず。そこで執刀医から覚醒を促すためシンメトレルが投与されたワケだけど、薬剤過敏性があるレビー小体型認知症のお袋には、処方量が決定的に多すぎた



シンメトレル



昨年末から年明けには薬が体内にドンドン蓄積されて日毎に症状が悪化。シンメトレルには幻視を悪化させる副作用があると後で知ったけど、1番酷かった時は周囲の生きている人間より、亡くなった幻の死者(死んだ婆ちゃんやお袋の兄弟や親戚など)の方が、お袋にはハッキリ見えるほど、強烈この上ない幻視に悩まされていた。



挙げ句の果てにはシンメトレルの過剰投与で眠れなくなり、幻視との戦いで精魂とも疲れ果ててから、丸1日近く死んだように寝る。この繰り返しで体調を崩した時に風邪薬を投与され痙攣(けいれん)発作が出たことで、一連の症状が薬の副作用だと判明する。



俺も真相を知って思わず絶句したが、シンメトレルは寝っぱなしの状態を叩き起こす薬、要は覚醒剤なワケですよ?



そこに眠気を誘発する風邪薬を投与されたモンだから、車に例えればアクセルとブレーキを同時に踏んだ状態になり、エンストして痙攣の発作が出たと思われる。
(補足としてレビー小体型認知症の患者に関わらず、高齢者に市販の風邪薬を規定量服用させるのは危険だ。抗ヒスタミンの副作用で歩けなくなる)



PL.png
ドクターコウノの認知症ブログ14年1/27の記事より抜粋



それに何を隠そう最初に薬の副作用を疑ったのは、くも膜下出血の手術を担当した脳外科医のY先生(仮名)だ。後日、俺が老健に処方薬を問い合わせてから上に釘を刺されたのか、どんなに問いただしても頑なに否定したけど、2回目の入院時にウォッシュアウト(薬抜き)をしている時点で、病院側も薬害を把握していたのは間違いない。



その後の徳●会グループ医師介護関係者との死闘は昨夜書きつづったとおりだが、どうして素人の俺がネットで調べて薬害の全容が解明できるほど単純な医療ミスを、仮にも国がお墨付きを与えた人達がやっちまったのか?



百歩譲って脳外科のお医者さんは専門外と言われればそれまでだが、認知症のお年寄りを扱う老健のケアマネージャーやソーシャルワーカー、介護スタッフですら、レビー小体型認知症(老健では認知症のタイプを正確に把握していなかったが症状から明白だった)のお袋に、風邪薬を規定量服用させていたからな~



認知症の神医・河野先生は「高齢者や認知症患者に平気でPL-G(風邪薬)を1日3回処方する医師、介護スタッフは勉強不足である」とご自身のブログで言い切っていたけど、世の中には薬で殺されたに等しい認知症患者が星の数ほどいることを痛感したよ。



幸いにもお袋はコウノメソッドのお陰で誰もが驚くほど症状はV字回復したが、医療業界も競馬界と同じで個々のレベルの差というか、プロとは名ばかりの人達が多い気がする。



それなのに向こうはなまじっか資格を持っているから「素人が付け焼き刃で学んだ知識のくせに……」と見下す態度を取るし、絶対に非を認めようとしない。



これまで俺は厩舎関係者と馬主の私闘(あえて“死闘”とは言わない。それくらいレベルの低い言い争いが目立つ)を腐るほど見てきたが、お袋のケースを競馬に置き換えると、明らかに厩舎(医者&老健)の凡ミスじゃん?



それなのに調整失敗を認めないばかりか、気性が悪すぎて成績ダメダメな馬&口うるさいオーナーは出て行けと言わんばかり……



何よりも俺が苦労したのが誤った薬の処方でパッパラパーにされたのに、他の施設では“以前にいた老健での介護度合い”を基準にされて、何件も門前払いされたことだ。



あの時はクソ厩舎のせいで愛馬をボロボロにされた馬主の気分を嫌と言うほど味わったが、結局どこも預かってくれないから、自前の牧場(在宅復帰)に戻してイチから立て直したワケよ。



その甲斐あって現在はデイサービスとショートステイでお世話になっている介護施設のスタッフから「老健からいただいた情報とは全然違う。介護で困ることは何1つありません」と言われるほど、奇跡の回復を遂げたからな。



この感動を俺の稚拙な文章で伝わるか微妙だが、息子の俺が分からないほどラリパッパだったお袋がだよ。天皇陛下の年齢(お袋より1歳年上の昭和8年生まれ)を答えられるほどまで、記憶力が回復したんだぜ!!!!!!!!!!



医者と調教師はどちらも先生と呼ばれる職業だけど、その言葉に見合う“本物のプロフェッショナル”は、自力で見つけるしかないんだろうな。。。



【認知症関連コメントへの返信】
(※一部抜粋)


>脳外科医さん

シャント圧の管理に関してご忠告ありがとうございます。父が手術をした病院に不信感を抱いているので難しい問題ですが……。あと、てんかん発作の疑いは完全な誤診です。現在かかっているコウノメソッド実践医に詳しい症状を説明したら「レビー小体型認知症をよく知らない医師は、意識消失発作とてんかん発作を頻繁に間違えます。薬剤過敏性がある患者にてんかんの薬を誤って処方されたら危なかったですよ」と。テレビに出演している高名な医師がいる大病院でも誤診してしまうようです。


>ywさん

くも膜下出血の手術をした医師は近所でヤブ医者と有名な別の病院で、母が認知症(アルツハイマーとかレビーではなく父の話では“認知症”としか言われなかったらしいです)と診断されたのを伝えているので、理解はしていたハズです。


>ごりパンダさん

母はパーキンソン病ありです。シンメトレルを大量処方されていた時は手が震えてどうしよもなかったですが、現在はグルタチオン点滴を2週間に1回打って症状は回復しました。


>とにかく的場、絶対石崎さん

地域包括支援センターは母がぶっ倒れる前に行ったことがありますけど、あまり有効活用はできなかったですね。それよりも地元に要介護認定や身体障害者の手続きを経験していた竹馬の友がいたので、色々聞いて本当に助かりました。何事の経験に勝るものはありませんね。


>西海の鮫さん

病状を調べていただきありがとうございました。おっかなくなったので今度時間を作って脳ドックと血液検査に行ってきます。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
7/6(日)中京10R
濃尾特別(ダ1800M)に出走予定
(キクノソル)

7/12(土)中京10R※来週
尾頭橋特別(ダ1200M)に出走予定
(キクノラフィカ)
泣く子も黙る中京ご当地馬主、菊池五郎オーナーの勝負馬をブログ読者だけに限定公開。総じて地元意識が強いのが名古屋近郊に本拠を置くオーナーの特徴とはいえ、この土曜も


中京2R  マチルダ(萩英男OW) 着(2人気)

中京6R  サザンキング(南波壽OW) 着(9人気)

中京7R  トーホウスプライト(東豊物産) 着(2人気)

中京12R フルールシチー(優駿HC) 着(1人気)


と中京ご当地馬主の勝負馬が馬券に絡んだけど、日曜も週中ブログで公開したO・S馬を筆頭に、勝ち負け必至の有力馬が大挙スタンバイしている。その中でも俺のイチ押しは例の場所で絶賛公開中のO・S馬だ。過去にも馬券をハメた(※1)馬なので覚えている読者も多いと思うが、久々の阪神戦はミエミエの叩き台で余裕残しの仕上げだった。それでも格好をつけたように1000万クラスなら元値が違う。濃尾特別には勢いのある3歳馬や4歳降級馬も使っているけど、その分だけ人気は割れているからな。相手にとって不足なし。オーナー地元開催の中京替わりで恥ずかしい競馬はできない。

おまけに今夜はもう1頭、来週7/12(土)中京10R尾頭橋特別(ダ1200M)に出走を予定している菊池五郎オーナーの勝負馬も熱い。優先出走権(※2)がないので日曜中京最終に使う予定だったキクノセントロみたく除外の可能性もゼロじゃないが、中6週あいていれば出走枠に滑り込めるだろう。公営名古屋に在籍時は地元開催で圧倒的な強さを誇っていた馬だ。JRA再転入後も互角以上の走りを披露しているし、O・S的に中京替わりで買うしかない!?

※1詳しくは過去ブログ

1/18【抜け穴だらけ】組合馬主の問題点を大暴露!!

1/27【ヤバイ話】本業が不動産関係の馬主さんは……

1/29【社台Fご贔屓】東京ご当地馬主の勝負馬とは!?

をガン見してくれ!!

(※2ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!を参照)


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

【樋野竜司さんの最新単行本】
馬主情報のスペシャリスト小宮城イチ押しの1冊

無印良駿

超万馬券を生み出す「クリノ」「シゲル」他非社台系オーナーの研究




無印良駿





全国書店で絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント