Article

        

ホスト激走の裏に隠された単複オッズの“不自然な動き”

2015/ 04/ 04
                 
[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
4/5(日)中山2R
3歳未勝利に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ハーランズロマン、リンガスプライム)
最初に断っておくけど、最近の俺は同じレースから狙い馬を2頭推奨するのを“禁じ手”にしている。その理由は毎日ガン見している読者に“1点買い”と勘違いされることが多々あってな。夏の北海道シリーズで多投して面白いに2頭で決まった(※1)から仕方ない部分もあるけど、今回は例の場所その1が急遽ブチ込んで来て、例の場所その2が本来ブログ公開を予定していた穴O・S馬になる。どちらも中山ご当地馬主の勝負馬には違いないけど、可能なら土日に使い分けてほしかったな~

※1詳しくは過去ブログ

8/16ハヤブサペコチャン、サンバビーン

8/30ハヤブサペコチャン、ベルフィオーレ

を参照。ハヤブサペコチャンには大変お世話になりました。














ホスト












来た









あぁぁぁーーー!!!!!!










カジキ、マユキに続いて()3文字馬名のO・S馬だからってワケじゃないが、最初にこの場を借りて4/4(土)昼ブログで緊急公開した中山最終のホスト(単勝7.3倍5人気1着!!)に、沢山のお礼拍手ありがとよ。


詳しくは過去ブログ

1/24【カジキの1本釣り】引退馬券&O・Sのコラボでハメた!!

3/7【大人の事情】マユキ異常投票の激裏話は例の場所で!!

を参照。人気薄3文字O・S馬はで馬主情報的に激アツ!?


さすがに昼時点で単勝2番人気(複勝は1番人気)には面食らったけど、俺の読みどおりレース直前に反発。これはクビ差2着ノッキングオンの単勝に約50万の大口買いが入ったこともあるが、馬主情報どおり見事な“ヤリ”を決めてくれたよ。



ブログ参考画像(中山最終ゴール前)
h.jpg
レース映像はJRAホームページで視聴できる



毎日ガン見している読者は覚えているかも知れないけど、ホストの内田玄祥オーナーは静岡県にある静岡レディースクリニックの理事長で中山馬主協会に所属している。



詳しくは馬主としてJRA初勝利を挙げたハツコイを推奨した2014年3/20【一罰百戒】山崎亮Jの騎手免許取消に物申す!!で書いたのでチェックしてほしいが、先日も中山で珍名馬メイショウフェイクが勝った際の競馬場に来場していたからな~



中央で馬主資格を取得して2年足らずで3勝。全ての勝ち鞍を地元開催の中山でマークはご当地馬主の鏡だし、将来が楽しみな新進気鋭の馬主さんだ。


ブログ参考画像(ハツコイ勝利時の内田玄祥オーナー)
h1.jpg
画像は中山馬主協会ホームページ愛馬の記録より



ち・な・み・に



4/4(土)昼ブログでは俺の稚拙な文章&例の場所では文字数制限がある絡みにより、多くの読者に“馬主関係者が大量に馬券を買った”と受け取ったようだけど、情報的に内田玄祥オーナーも爆買いしているかもしれないが(笑)、今回のヤリ話はちょっとニュアンスが違うんだよ~



誰でも見られるブログだと直接的な書き方ができない(競馬法に抵触する恐れあり)。そんなワケで読者のみんなには心の目で見て、感じて、察してほしい。



人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



さて、中山最終で⑮ホストは昼時点ながら単勝2番人気、複勝は1番人気に支持されていた。



TARGET時系列オッズが使える読者は他馬と比較した売れ方を調べてみてほしいが、競馬場の窓口が開いた9時から昼前にかけて、1回の金額は異常投票を示す赤色で表示されないけど、単複ともポツポツ万単位で売れているのが分かるよな?


4/4(土)中山12R⑮ホスト単複TARGET時系列オッズ
h2.jpg



これが上位人気馬であれば、それほど珍しくはないだろう。いまや電話やスマートフォンから日本中どこにいても競馬を楽しめるご時世なのに、世の中には朝イチで競馬場やウインズに赴き、馬券をまとめ買いして仕事に向かうオジさんファンも少なからず存在する。



でもよ、ホストは前走の中京戦で3着とはいえ公営大井から転厩3戦目。地方時代も良積はダ1400Mに集中しているように、コアな南関東ファンでも狙いづらい馬だった。



まして前走3着も走破時計は平凡だし、俺が愛用している専門紙Bのスピード指数69.8出走馬16頭中9位。指数1位エムエムアリオーン(3着)の81.6、指数2位ノッキングオン(2着)の79.1とは大きな差があった。



恐らく時計重視の予想家なら馬券は切り、イイとこ△評価が精一杯のお馬さんがだ。レースでは古馬500万クラスの中山ダ1200Mを1分10秒9(良馬場)で駆けられたんじゃお手上げだよな?



ところがどっこい、



現実にホストの単勝、複勝には不自然な買いが多数入っていた。しかも最終レースが始まる5時間以上も前に…………











…………読者のみんなは購入者が気になると思うけど、多方面に配慮して遠回しな表現にするが、ホシ(犯人)の正体は競馬関係者でも記者、通称トラックマン(以下TM)と呼ばれている連中だ。



そもそも何でパドック周回はおろか、馬体重すら発表されていない午前中に馬券を買うのか?



その理由は単純明快。基本的にTM連中は仕事で競馬場に来ている。レース後のコメント取り、週刊誌に掲載する次走メモ、騎手エージェントを掛け持ちしている記者は陣営に営業などなど、業務が山ほどあるワケだ。



そこで彼らは競馬場に来たら比較的ヒマな時間帯、具体的には9~12時前までに馬券をまとめて購入している。



話を中山最終の勝負話に戻すと、美浦トレセンでは週中の段階で「ホストがヤルらしい……」と一部のTM連中が盛り上がっていた。



さらに最終的に1番人気に支持されたエムエムアリオーン(3着)が、長期休養明けで完調じゃないって話だったからな。レースでは24キロ増の割には頑張った方だけど、パドックを見たら間違っても◎は打たない。素人でもひと目で太め残りと分かるよ。


ブログ参考画像
h3.jpg
画像はJRAレーシングビュワーより。腹回りタプタプなんですが……



こんな感じで勝負仕上げを施されたホストなら、時計を大幅に詰めて勝ち負けになる!!



そう思って4/4(土)昼ブログで緊急公開に踏み切ったけど、カジキやマユキのようにセミプロ級の競馬ファンですら買いづらい馬から分厚くハメる。



これぞ情報屋さん冥利に尽きるし、読者のみんなもTARGET時系列オッズを午前中からにらめっこすれば、何となく「これって関係者買いでは……」と気付くようになる。



もっとも実際に誰が購入したのか確かな“裏付け”がなければ、イチ競馬ファンの立場だとホストから大枚勝負はできなかっただろう。



それこそホストの場合、南関東の競馬場に出没する疲れ切った馬券オヤジが、応援で買っただけかも知れないじゃん?



トーホウストロング激走の舞台裏に刮目せよ!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強4月号

競馬最強の法則4月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント