Article

        

【夏競馬特別企画】読者から寄せられた質問に答えるぜ!!

2015/ 07/ 31
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
8/1(土)小倉★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
ブログ初登場の小倉ご当地馬主、江上幸隆オーナーの勝負馬。例の場所のO・S馬を含めて所有馬3頭の新興馬主だけど、その正体は九州佐賀の有力者で(株)ニシキの創業者だ。基本的に俺は本業ホームページで世の中に公表されている情報に関しては、直リンクを張って説明している。もし都合が悪いようでしたら謎の法人名義に変更(!?)していただくか、ホームページから記載を削除してください。こちらで事情を察して次回以降は本業に触れません?

話をO・S馬に戻すと、今回はオーナー地元開催替わりでJRA初勝利の期待がかかる。この中間は坂路の自己ベストを更新するなど上り調子だが、その前に立ちはだかるのは小倉ご当地馬主の先輩(!?)、宮本孝一オーナーの勝負馬だ。こちらは熊本県荒尾市の有力者だけど、どちらも中央競馬では小倉がお膝元になる。ただ、土曜小倉★Rは骨っぽい相手がズラリと揃った。地元開催だからと言って他馬も勝たせてくれるほど甘くないけど、それでも馬主情報的に狙ってみたくなる…………









待たせたな!






今週は7/28(火)【例の場所その2復活記念】テレビ出演記者がO・Sを活用!?がキッカケとなり、拍手コメントで読者のみんなから様々な質問が寄せられている。



最近は俺も色々とドタバタしていたこともあるけど、個々に取り上げる機会が激減していたからな~



そこで今夜は似たような趣旨が目立つ質問に絞って、“大人の事情”が許す範囲内で答えようと思う。





Q1
「西山茂行オーナーがブログでネロが佐世保Sに使う理由を『武豊が乗れるから』と書いていましたが、本当のところはどうなの?」


参考URL:西山牧場オーナーの(笑)気分
ネロ・武豊


いきなりビッグネームの登場だけど(苦笑)、基本的にオーナーご自身がブログで書かれていることに裏表はないよ。あえて俺から付け足させてもらうと、追い切りにレースで騎乗を予定しているジョッキーを乗せる手配をしているからといって、馬主権限で出走予定を変更することは物理的に可能だ。どこの誰とは言わないけど、春のG1で某大物馬主が実際にやっただろう?
(こんなこと書くとユタカフリークの読者から「武豊と進撃を同列に扱うな!!」と怒られそうだが……)

すなわち、仮にだよ。西山茂行オーナーが「準OP馬でもアイビスサマーダッシュの出走枠に滑り込めるから新潟で使ってくれ」と厩舎に依頼すれば、森師も良い顔はしないだろうが、意向に沿って出走させたと思われる。武豊Jには「馬主の要望だから」と伝えれば事足りるし(これは須貝師の十八番)、アイビスなら内田博Jも手が空いてたのにな~



Q2
「クイーンSに出走するレッドリヴェールに須貝師が騎乗したのは動物虐待では?」


参考URL:スポニチアネックス
【クイーンS】レッドリヴェール 1年8カ月ぶり勝利へ「いい状態」


質問に答える前に予備知識として、須貝師はゴールドシップとジャスタウェイが遠征した凱旋門賞の取材時に、マスコミ各社とひと悶着あった過去がある。これは本題とズレるので別の機会に回すけど、それだけに問題の記事には少々悪意を感じざるを得ない。

俺は宝塚記念の激裏話SPECIALで須貝師をフルボッコにしたけど(注1)、特別な事情がない限り、基本的にどちらの味方でもない。あれは最強編集部に配慮した表現(!?)だし、それこそトレセンでは体重60キロを超える調教助手が、追い切りに騎乗するのは珍しくないからな。これでレッドリヴェールがクイーンSで競走中止でもしたら、テンポイントよろしく須貝師が叩かれるのは明白。メディアの意趣返しに乗せられちゃアカンよ~

注1詳しくは過去ブログ

6/24(水)競馬マスコミの報道は戦時下の大本営発表に酷似!?

6/25(木)大本営発表により貶められるゴールドシップ馬主の品格

6/26(金)【宝塚記念】大本営から発表された“馬主の意向”には色々ある!?

6/27(土)昨年より早くトレセンに帰厩している今年の宝塚記念でゴールドシップは危ない(by天の声さん)

を参照。俺としては公平中立を期すため“両者”を攻めたかったんだが……



Q3
「セイセイセイの5連闘に胸が痛みます」


参考URL:デイリースポーツ
【函館通信】セイセイ函館皆勤ならず


動物虐待つながり(?)でもう一丁。最近はレース中にムチの使用まで制限しているのに、出走ローテに関しては何の規制もないのが現状だ。今年の高松宮記念をエアロヴェロシティで制したパートンが直線で風車ムチを連打してレース後に戒告されたけど、注意された当人は間違いなく「Why JapanesePeople!?」と思っただろうな(笑)

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 高松宮記念 エアロヴェロシティ

さすがは豪州出身のパートン。風車ムチで接戦を制すもこれダメなんだって~

seisai.jpg
画像は競馬ブックwebより(村田Jが過怠金3万円でパートンは戒告……)

パートンが短期免許で不調なのは個人的に夏バテよりもムチ使用制限の方がデカい気がするけど、話を軌道修正すると、大前提としてサラブレッドは経済動物だ。塵も積もれば山となるじゃないが、数を使えば出走手当も意外とバカにならない。動物虐待系(!?)のオーナーはこれで稼いでいる方も少なくないからな。ファンから何を言われようが、これも馬主として立派な方針。赤字タレ流しのオーナーよりも、経営者として資質に優れているとの見方もできる。

ただ、最後に1つだけ言わせてほしい。ヒムロック(氷室京介)を愛する男として、クラウディーハートを競走生活晩年に小倉で4連闘させた陣営には、強く遺憾の意を表明する。どんな馬にもファンが存在することを関係者は忘れてはならない。4連闘の最終戦で勝ち馬から10秒以上も離された大差シンガリ負けの痛々しい姿ときたら……。幸いにも命は無事で繁殖入りできたけど、かつての期待馬にこの仕打ち。天(法的なルールや規制)が認めても俺が許さん!!!!!!!!!!

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
氷室京介 CLOUDY HEART


BOØWY CLOUDY HEART

氷室京介は言わずと知れた伝説のロックバンドBOØWYのボーカル

ブログ参考画像
クラウディーハート1
クラウディーハート2
画像はJRAホームページより。赤く囲った成績が小倉での4連闘



大穴馬券のキーを握る!? 島川[トーセン]の改革!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強8月号

競馬最強の法則8月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント