Article

        

【スプリンターズS】無料メール会員の追加募集が緊急決定!!

2015/ 10/ 03
                 











ジュン












来た









あぁぁぁーーー!!!!!!










9/25ジュンツバサは地元開催で勝負仕上げを施されたO・S馬だった!?と出だしが同じというツッコミは却下するとして、土曜阪神3Rを競馬最強の法則10月号オーナー・サイダー連載&月曜ブログで猛プッシュしたジュンヴァルカンが快勝!!



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
10/3 阪神3R 2歳未勝利 ジュンヴァルカン

河合純二オーナーの期待馬ジュンヴァルカン。生産はもちろんノーザンFだ



直線の脚色は完全に2着馬を上回っていたけど、抜け出そうとしてからソラを使うなど気性面で課題が残る。それでもハナ差とはいえ勝ちは勝ち。稽古の動きは古馬顔負けだし、レースでも同じ走りができるようになればオープンでも通用するだろう。



セントライト記念で3着に激走したジュンツバサ、神戸新聞杯ではブービー人気(単勝149.6倍)5着に健闘したジュンスパーヒカルに続いてキッチリ仕事をしてくれたが、宣伝になって大変恐縮だけど、ジュン軍団が狙えた理由は競馬最強の法則10月号をガン見してほしい。



さすがはJRA競馬中継(BS11、UHF系列)のスポンサー。どこかの新興馬主と違って競馬に対する熱意は本物だし、俺が10代の頃から千葉テレビでCMを流しているのは伊達じゃなかった……


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
埼玉ローカルCM集 2013-2014

0:30~1:00が河合純二オーナーの本業リベレステのCM

ブログ参考画像(最強10月号O・S連載紙面より)
jun1.jpg
雑誌的に最高のタイミングで取り上げられたし来月号も乞うご期待!?



そんな少々手前ミソな我褒め&宣伝はさておき、いよいよ明日はスプリンターズSが行われる。



良い意味で傑出馬不在の混戦模様だけど、その中で俺が個人的に注目しているのが香港馬リッチタペストリー



ただ、好走歴がダートとオールウェザーに集中しているし、芝の高速決着に対応できるかは未知数だ。今期の中山はエアレーション効果で比較的時計を要している(※1)とはいえ、洋芝の函館、札幌ならともかく、オール野芝開催で1分9秒台の持ち時計では少々心許ない。
(※1競馬JAPAN城崎哲の馬場トレンドジャッジ9/11【開幕週=固い馬場と思うな】を参照)



もっとも“餅は餅屋”。馬券の取捨は俺が所属している情報会社の馬場屋さん(!?)に任せるとして、この場では俺の専門分野である馬主にスポットを当てたい。



それと言うのもリッチタペストリーのオーナーは


S.ヤン氏、T.ウォン氏、C.ホー氏&Y.チュン氏



となっているように4人の連名、俗に言う共有馬主ってやつだ。



ri1.jpg
画像はJRA外国馬関係者プロフィール(PDFファイル)より



日本でも何人かでお金を出し合って競走馬を所有する制度があるけど、お国柄の違い(!?)なのか、香港では代表者だけでなく、共同所有者の実名まで公開しているのは驚きだ。



これは我が国だと非常にデリケートな話なので表現方法が難しいけど、共有馬主や半持ちなど言い方は様々だが、その全容は限りなくブラックボックスに近い。



例えばイエスタカス騒動で一躍有名になったダッシングブレイズ。詳細は11/7イエスタカス騒動の舞台裏の大・大・大暴露!をガン見してほしいが、ダッシングブレイズの場合は高須院長が馬名の件でひと悶着あって、自身のツイッターで舞台裏をブチ撒けたことにより、共同所有の内容が明らかになっている。



し・か・し



仮に馬名でモメなかったらダッシングブレイズは、グリーンフィールズ(株)名義で代表者S氏(仮名)と高須院長の共同所有馬として走っていた



これが日本における半持ちの実態であり、新聞には代表者の名前しか掲載されず、さらに馬主名義を法人や組合にされたら一般ファンにはお手上げ。どこの誰の馬なのかサッパリ分からなくなる…………





…………この件は下手に触れると藪をつついて蛇を出す事態になりかねないのでホドホドにするが、ちなみに我が国では半持ちであっても共同所有者には馬主資格が必要になる。



この条件を満たさないと俗に言う






名義貸し






になり、競馬法に従って厳罰に処される。



とはいえ競走馬ビジネスは構造的に、どこからどう見ても名義貸しに近い状況を作り出す温床だからな~



読者のみんなも想像してほしい。とあるオーナーが牧場巡りに行きました。そこで馬主資格を持っていない同伴者の知人が、毛並みの美しいサラブレッドに一目惚れ。「俺もカネ出すから買おうよ~」と相談されたとしよう。



このケースでは2人の資金、それがポケットマネーでの購入であっても、競馬法に照らし合わせるとアウトになる(マジ)



一部読者は?????と思うだろうが、この知人は



「馬主資格を持っていない=JRAの審査を受けていない人物」



なワケだ。



お上としてもどこの馬の骨か分からないし、この辺は言い回しが難しいけど、反社会勢力の関係者である可能性もゼロじゃない。



四半世紀前の話なので時効(!?)だが、過去には某大物馬主がヤ○ザに名義貸しを行い、その馬がG1を勝ってしまった“事件”が起こっている。



この件は誰でも見られるブログではどこをどう切っても書けないので(苦笑)、詳細及びヒントは例の場所で限定公開させてほしい。



meigigasi.jpg
画像はジャスタウェイな本97Pより
(競馬界あるある。大和屋暁オーナーもどこかの馬主&生産者みたいなことしちゃダメですよ~)



最後に、俺としては我が国でも香港と同じく、共有馬主を公開すべきだと強く言いたい。



それこそ日本は半持ちだらけなので「新聞の馬主欄に全員を掲載できない」という“大人の事情”もあるが、それを言い出したらやたらクソ長い名前の某組合馬主とかどうなの?って話だよ。



オーナー・サイダー馬券術が世間に浸透したことにより、いまや馬主は競馬予想における重要なファクターを占めるまでに至った。



それにも関わらず日本の競馬界は共同所有、半持ちのオンパレードで情報公開は不透明。謎の法人、組合馬主が乱立しているし、少しは香港を見習うべきじゃないか?


ブログで書けないヤバイ話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ノーザンF系(!?)新興馬主】河合純二オーナーとは
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強10月号

競馬最強の法則10月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント