Article

        

【現状報告2015秋】安心してください、生きてます!?

2015/ 10/ 04
                 





【コウノメソッドの最新情報が毎週更新】
ドクターコウノの認知症ブログは要必見!!



約3ヶ月ぶりの認知症ブログだけど、コウノメソッド(PDFファイル)で劇的な回復を遂げたお袋(牝81)は健康そのもの。



一部読者に心配をかけちまったが安心してください、生きてます



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
とにかく明るい安村
「安心してください、はいてます」


お約束の元ネタ。やっと使えた~



こんな感じで自分の母親を笑いのネタに使えるほど、症状は安定しているからな~



2年前の今頃は薬の副作用で生死の境をさまよっていたのが信じられないけど、贅沢な話で恐縮だが認知症が良くなりすぎて、チョッピリ困ったことが起きている。



ここだけの話、最近のお袋は食事介助で手を焼くことが増えた。



と言っても認知症患者にありがちな服毒妄想による拒食や、食行動の異常(食べ物で遊ぶなど)ではなく、ひと言で説明すると、味の好みがうるさくなってきてな(苦笑)



ここで予備知識として、くも膜下出血でぶっ倒れる前のお袋は超偏食。親父が食事を作っても気に入らないと知らんぷり、野菜は全くと言っていいほど食べないし、当時は甘いパンとお菓子で生きていたようなモンだった。



そんなワガママお袋がコウノメソッドの処方に切り替えたら性格が一変、どんな物でも好き嫌いなく食べるようになったんだよ(マジで!!)



これには俺はもちろん親父も「お母さんはどうしちゃったんだ?」と驚きを隠せなかったが、お袋の豹変を強引に例えれば、ドラえもんに登場するきれいなジャイアンが1番シックリくる。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
ドラえもん  「きこりの泉」

きれいなジャイアンは9:00~。本当にYouTubeは何でもあるな~



お袋を泉に落とした記憶はないが(笑)、真面目な話、少し前まで食事で困ることは何1つなかったからな~



ただ、いまになって振り返れば、80歳のお婆ちゃんにしては異常な食欲だった。



しかも調子に乗って親父もバクバク食べさせたせいで、一時は体重が60キロ超え。2年前は40キロ前半まで落ちていたことを考えれば凄いと思う反面、常識的に考えて普通じゃない。



俺が思うに断定はできないけど、少し前まで食事をしたことを忘れていた可能性が高く、味の好みも言葉は悪いがボケているので(苦笑)、嫌いな食べ物も失念していたのではないかな~と。



それがコウノメソッドの奇跡により記憶が戻ったらしく、野菜が嫌いなのを思い出しちゃったんだよ~(泣)



それと同時に気まぐれ&ワガママも復活。面白い番組をやっているとテレビに夢中でご飯を食べないし、食事に集中させるため電源を切ると「何で見てるのに消すの!!」と文句を言う。少し前までこんな受け答えはできなかったし、主介護者である親父が「どうやったら素直にご飯を食べるのか……」と頭を悩ます日々が続いている。



し・か・し



これこそ汚いジャイアンならぬ、本来のお袋そのもの。記憶力はくも膜下出血で倒れる前に近づいているし、レビー小体型認知症の症状は確実に良くなっている。これは本当に凄いことだ。



そうは言っても食事量が減り、栄養バランスに偏りが出ている(菓子パンやケーキ類、寿司など好きな物は食べる)のは困りもの。対策として市販の介護食品などを試しているけど、俺だと野菜類も比較的食べるが、親父だとダメだったり、なかなかひと筋縄ではいかない。



救いは甘い物が好きなので、メイバランスやクリミールなどの栄養補助食品は飲んでくれること。



ここから先は認知症ではなく介護ブログになるので話を閉めるが、要介護5、身体障害者1級の全介助には変わりないけど、日に日に頭が良い意味でも悪い意味でも冴えていく(!?)お袋に驚きつつ、親父と2人で試行錯誤しながら世話をしております。



介護経験のない読者はもちろん、認知症患者と接したことのある人であっても恐らくピンと来ないだろうし、信じてもらえないのは百も承知だが、認知症は処方次第で劇的に回復する



薬の副作用で息子の俺ですら分からなくなっていたお袋がだよ。それがここまで良くなるんだぜ。



いまでもたまに“俺は誰?”とお袋に尋ねているんだが、こないだは「城でしょう。バカなこと聞くな!!」と来たモンよ。これにはマジで涙が出そうになった。いやはや、恐れ入りました。。。。。。


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
10/11(日)or12(月)東京★R
3歳上500万クラスの芝レースに出走予定

どちらかと言えば社台Fお抱えの新興馬主、宇田豊オーナーの勝負馬。代表馬は13年の牝馬クラシック戦線でエバーブロッサム(社台F生産)。地元開催の東京で行われたオークス、フローラS連続2着に好走したのは記憶に新しいが、例の場所で公開中のO・S馬はセレクトセールで落札したノーザンF生産馬だ。現状は陣営の期待ほど走れていないけど、春先は戦った相手も強かった。将来的にエバー軍団の看板馬になれる素質を秘めているし、東京替わりで33秒台の決め手をフルに生かせると見ている。

この中間は久々で激走した反動どころか、叩かれた上積みで稽古の動きが一変。自己条件なら牡馬相手でも間違いなく勝ち負け、格上挑戦で牝馬限定戦の適鞍に使っても好勝負になる。前走の結果次第では秋華賞も視野に入れていたし、少々予定が狂ったけど、それこそ今回はG1仕様だからな。★厩舎の勝負仕上げには定評があるし、状況によっては“女質”(※1)も…………?

※1ブログ参考画像
nyousiti.jpg
女質の元ネタ。キン肉マンを読んでいた同志しか分からない!?




俺のお袋(牝81)もコウノメソッドで救われた!!
【認知症治療の神医・河野和彦先生の最新本】

ko.png



医者を選べば認知症は良くなる!




患者も介護者も救うコウノメソッド





全国書店やアマゾンで買えるぜ

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント