Article

        

【京都最終】馬主地元の牝馬限定戦で非情の乗り替わり!?

2015/ 10/ 11
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
10/11(日)京都12R
4歳上1000万下(牝馬限定ダ1400M)に出走予定

昨今の競馬界では関係者禁制の聖域(!?)で後述する馬主の専横、現場介入が叫ばれて久しいけど、それは一部大手オーナーブリーダーの話に過ぎない。馬主歴の長い多くのベテランオーナーは旧態依然の習わしとして厩舎サイド、その背後にいる大物エージェントの意向に沿って出走ローテを組んでいる

例の場所で公開しているO・S馬も昨年は主戦騎手の都合により、3日間開催に組まれた適鞍ではなく、★★Jが乗れる“牡馬混合戦に使わされた”。その結果が強豪相手に入着続きだし、今回はベスト条件で勝ちに来た非情の乗り替わり。ちなみに最近代替わりした★★★★オーナーは、京都で複数の会社を経営するご当地馬主だったりする。この方針変更が吉と出るか、それとも凶と出るか……

おまけ
[新聞に載らない毎日王冠ここだけの話]
人気ブログランキングへc_01.gif
ぶっちゃけ馬券の参考にならない類のヨタ話だけど、大手オーナーブリーダーと敏腕エージェントの関係が垣間見えるエピソードということでご容赦を。★★Jの騎乗仲介者は少数精鋭主義、勝率が下がるので勝ち負けになる馬しか乗せたくない……ってお方だ。

それが日曜の東京で密かに起こった事件(!?)の発端であり、むしろ馬主サイドの好意(!?)は有り難迷惑そのもの。「こんなことになるなら京都で予定を組んでおけば……」と周囲に漏らしていたらしいが、どんな馬であれ出走する以上、馬券に絡む可能性はゼロじゃない。それに★★J自身は気のない馬に乗せるとヤ○ズを繰り返した前任者(!?)と異なり、良い意味で真面目な性格だからな。せっかく東京まで遠征してきたんだし、超人気薄でも本気で乗れば1発あるかも!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ノーザンF系(!?)新興馬主】河合純二オーナーとは
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強10月号

競馬最強の法則10月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント