Article

        

【競馬界のブラックボックス】“半持ち”の舞台裏を大暴露!?

2015/ 11/ 21
                 






待たせたな!






金曜ブログは久々に新聞に載らない激裏話SPECIALと題して、トーセンスターダムに武幸Jサプライズ騎乗の舞台裏を公開したが、やっぱりG1関連馬のマル秘ネタは人気の有無を問わず反響が大きい。



誰でも見られるブログでは“大人の事情”が許す範囲内での表現方法にも関わらず、9999アクセス(1万には惜しくも1足らず!?)の閲覧があった。



これを受けて来週は11/25(水)からジャパンC特別企画と題してイトウ家の食卓~ディープインパクトの母ウインドインハーヘアも勝った独G1バイエルン大賞の勝ち馬が芝2400Mの持ち時計を5秒以上詰める裏ワザ(仮)~を公開するので、読者のみんなも期待せずに(!?)待っていてほしい。



ブログ参考画像
akusesu.jpg
O・S馬のみ更新の週中とはアクセス数が全然違う。分かりやすいな~

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
11/1 ミュンヘン競馬場 バイエルン大賞 イトウ

ジャパンCに出走を予定している外国馬イトウ(独)の前走レース動画
(勝ち時計は重馬場とはいえ驚愕の2分36秒4!? 日本とは芝そのものが別物だが……)



来週ネタ探しに超苦労しそうなクソ長い副題タイトル告知はさておき(苦笑)、金曜ブログでは見慣れないハンドルネームの読者から





「そもそも“半持ち”って何ですか?」





という素朴な質問が拍手コメントで複数寄せられている。



なるほど。閲覧者の誰もが毎日ガン見しているO・Sマニアとは限らないし、某転職サイトのリンクバナーみたく“ググれ!”で片付けたら、若手社員ならぬライト競馬ファンの心はつかめないからな。



ち・な・み・に



「競馬 半持ち」でググると俺が大昔に書いたブログ記事が2番目にヒットするんだが(笑)、それよりもマイルCSや来週のジャパンCで馬券のヒントになる激裏話を、全国の書店コンビニで絶賛発売中の競馬最強の法則12月号オーナー・サイダー連載で取り上げている。



kanekomuso.jpg
画像は最強12月号オーナー・サイダー連載より




金子真人オーナーはマイルCSにフィエロ(社台F)、ジャパンCにラブリーデイ(ノーザンF)と有力馬が出走を予定しているけど、それぞれ前者は山元トレセン(宮城にある社台F系の外厩)、後者はノーザンFしがらきを利用している。



こんな感じで“名義上の馬主”は同じでも生産者によって調整されている場所が異なるし、オーナーや馬によっては牧場代表者と共同所有、俗に言う半持ちしているケースが大半だ。



基本的に生産者との半持ちはセリ代金・預託料などを折半する代わりに、引退後は種牡馬・繁殖牝馬として牧場に戻す契約のことを指す。



これはレース賞金も半分になるので一部の馬主さんは断るケースもあるが、仮に走らなくて半分負担してくれるからな。目論みどおり活躍すれば新聞には代表者のオーナーのみ掲載されるので、大多数の馬主さんにとっては良いことずくめ。深く考えず半持ちの誘いに乗ってしまうことが多い。



ところがどっこい、



古今東西、上手い話には必ず裏がある。それこそ金子真人オーナーのようにディープインパクト、キングカメハメハ級の馬を所有すればレース賞金以上に、引退後はウン十億円の種牡馬シンジケートが組まれる。こうなると半持ちや共同所有、言い方は様々だけど、契約を結んだが最後…………















…………この続きは大変申し訳ないけど、競馬最強の法則12月号を読者各自GETして確認してほしい(立ち読みはダメ、ゼッタイ)



これで終わらすと古株連中から「宣伝かっ!!」と袋叩きにされるので、最後に半持ちから読み解くマイルCSの小ネタを1つ。



O・Sマニアの読者には説明不要だと思うが、マイルCSにはノーザンF(吉田勝己氏)関連の馬が6頭も出走している。



アルビアーノ 馬主:吉田和美 生産者:外国産馬

カレンブラックヒル 馬主:鈴木隆司 生産者:ノーザンF

サトノアラジン 馬主:里見治 生産者:ノーザンF

トーセンスターダム 馬主:島川隆哉 生産者:ノーザンF

モーリス 馬主:吉田和美 生産者:戸川牧場(ノーザンFがセリ市で購入)

リアルインパクト 馬主:キャロットF 生産者:ノーザンF



補足として吉田和美オーナーは吉田勝己氏の妻、すなわちオーナーブリーダー(馬主兼生産者)としての自前名義だけど、その他のノーザンF生産馬4頭中、個人馬主名義の3頭はセレクトセール出身だ。



契約の詳細は馬主と生産者しか知り得ないが、過去の通例から半持ちの可能性が高い。ましてサトノアラジンは1億3650万、トーセンスターダムにいたっては2億6250万(いずれも税込)の超高額馬になる。これを全持ちで買う馬主はよほど本業の業績が好調でカネを持て余している方か、過去に所有馬が種牡馬入りした際の旨味を。。。。。。


ブログ参考画像
hanmoti.jpg
「競馬 半持ち」の検索結果。5年前に書いた記事なのにな~
詳細は「社台vsダーレー」冷戦勃発の舞台裏を大暴露!を参照


ブログで書けない激裏話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



マイルCS、ジャパンC週に金子真人HDが大暴れ!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント