Article

        

【ジャパンC】ゴールドシップの新聞に載らない激裏話

2015/ 11/ 26
                 






待たせたな!






11/25(水)ブログではジャパンC特別企画と題してイトウ家の食卓~持ち時計を5秒短縮する裏ワザ~を公開したけど、俺の想像以上に読者みんなの反響は上々でホっとしている。



ただ、あの程度は例の場所で限定公開したヤバイ話も含めて児戯に等しいネタ(!?)だし、お遊びはホドホドにして、週末に向けてギアを上げていくとしようか。



そこで今夜の主役はジャパンCのレースぶりが色んな意味で注目される、ゴールドシップ新聞に載らない激裏話SPECIALだ!!!!!!!!!!



ブログ参考画像&動画(PC、スマホ限定)
2015年 6/28 宝塚記念 ゴールドシップ(15着)
gs1.jpg


画像で赤く囲ったのが15番枠のゴールドシップ。今回は果たして……



俺から改めて説明するまでもないけど、ゴールドシップは宝塚記念においてゲート内で立ち上がり大出遅れ。この中間はペナルティーとしてゲート再審査が課せられ、10月中旬に行われた試験に見事(!?)合格している。





ここまで文章にすると規定どおり手続きをキッチリ踏んで出走…………に見えるけど、オイオイちょっと待てと。



ゴールドシップは宝塚記念だけでなく、前々走の天皇賞・春でもゲートでやらかしている。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 5/3 天皇賞・春 ゴールドシップ(1着)

ゲート入りでゴネた場面がノーカットで映っている貴重なレース動画



基本的に発走調教再審査はレースを円滑、安全に施行することを前提に行われるものだし、詳しくは後述する過去の前例(ラガーレグルス事件)に照らし合わせれば、本来は“出走予定競馬場でのゲート再審査”にすべきじゃないか?



競馬歴の浅い読者に補足として、ラガーレグルスは2000年の共同通信杯で大出遅れをカマして7着に敗れ、次走の弥生賞では3着に好走したものの、皐月賞ではゲートで尻もちをついて競走を中止している。



スタートに関してはゴールドシップに勝るとも劣らない札付きの悪(ワル)だけど、これを受けてJRAは俗に言う13R(注1)。最終レース終了後に出走を予定している競馬場でゲート試験を課したワケだけど、ここで競馬史に残る悲しい事件が起こる。
(注1西山牧場オーナーの(笑)気分2015年2/21ニシノスタイルゲート試験合格を参照)



皐月賞で馬券を紙くずにされた一部のファンが大声で野次を飛ばし、傘などで柵をカンカン叩くなどの妨害を繰り返し行った。



ただでさえサラブレッドは音に敏感な生き物だ。ましてスタートに不安のあるラガーレグルスは我慢できず、ゲート内で立ち上がり試験に不合格。日本ダービー出走の夢を絶たれた主戦の佐藤哲Jが邪魔をしたファンに詰め寄りJRAの係員に制止される…………という出来事が実際にあったんだよ。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
ラガーレグルスの競馬史に残る大出遅れ2本

あれから早15年。ゲート対策は全く進歩していないことは明白だな



話をゴールドシップに戻すと、現在も15年前と変わらず特定の馬がゲート内で粗相を繰り返すと、競馬場での発走調教再審査になる。



ラガーレグルスは3回目だったけど、ゴールドシップは前走、前々走だけでなく、G1の大舞台で複数回やっているからな~



それなのに通常のトレセン内で行われる無観客(当たり前だが)ゲート試験で済んだのか。ここに競馬界のブラックボックス、ファン置き去りのトンチンカンな説明がまかり通るところに問題点がある。



とりあえずJRAの言い分としては、前走の宝塚記念における大出遅れは“枠内駐立不良”(立ち上がる)、これに対して2走前の天皇賞・春は“枠入り不良”(入るのを嫌がった)。スタートは普通に出たので、同じゲート時の出来事でも意味合いが異なるとの見解らしい。





これは聞いて俺は思わず耳を疑った。ゴールドシップは今年の宝塚記念、天皇賞・春のほかにも、散々ゲート内で悪癖を繰り返している。ウィリアムズが騎乗して人気を裏切った2014年の春天とか、本来であれば発走調教再審査に相当する大出遅れじゃないのか?



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2014年 5/4 天皇賞・春 ゴールドシップ(7着)

フジテレビの全国放送でもゲート内で暴れている姿が映っているのに……



俺は競馬界の表も裏も知り尽くす人間だ。どんな形であれお上の立場としてはゴールドシップがジャパンCに出走してくれた方が、色んな意味で助かるのは間違いない。



また馬主、厩舎、騎手サイドとしても出走競馬場、ジャパンCだと東京までゲート試験を受けるため輸送してくる時間と労力が省けるし、ファンの衆人環視で試験を行えば、最悪ラガーレグルス事件のようなことが起こりかねないからな。



それよりはトレセン内での“密室試験”の方が、何かと都合が良かったのも大いに理解できる。



でもよ、仮にゴールドシップが再度ゲートで何かやらかしたら、マジどうするの?



規定に従うと出走停止1ヶ月以上は確実で、この時点で引退レースの有馬記念に使えなくなる。ファンからも激しく糾弾されるに違いないし、俺としては不測の事態に備えてスタッフなどを配置したうえで、競馬場でのゲート再審査を課すべきだったと思うが。。。。。。


ブログで書けない激裏話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
11/29(日)京都★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

毎日ガン見している読者には説明不要。“京都の守護神”大八木信行オーナーの勝負馬。詳しくはO・S1O・S2単行本及び京都馬主協会HPをガン見してほしいが、同オーナーは京都馬主協会の会長だ。これまで数々のヤリを決めた実績(※1)もさることながら、お膝元の京都では単複をベタ買いしても儲かる(下記TARGET画像を参照)。阪神と比較すると差が半端ないだろう?

ブログ参考画像(大八木信行オーナーTARGET競馬場別成績)※過去3年
syugosin.jpg
赤く囲ったのが地元開催の京都。これぞ典型的なご当地ヤリ馬主の成績だ

そして今週は日曜の京都に組まれた適鞍に、大八木信行オーナーの期待馬が満を持して再降臨。この中間は前走の汚名返上(!?)とばかり渾身仕上げを施されているし、稽古の動きだけ見たら誰も条件馬とは思わないよ。課題の気性面も1Fの距離短縮で補えるうえに、2戦2勝と相性抜群の★★★Jを確保して必勝態勢だ。欲を言えばもう少し頭数が揃って欲しかったけど(配当だけでなくペースが速くなった方が競馬はしやすい)、こればかりは仕方ないからな。馬主情報&オーナー・サイダー的にはTLB(※2)でも…………?

※1、2詳しくは過去ブログ

12/29【大人のお年玉】“京都の守護神”が正月競馬に降臨!!

1/9【京都の守護神】大八木信行オーナーが正月開催で決めた!!

5/1O・S的に勝ってもらわないと格好はつかない

11/22【トリプル炸裂】O・S影武者ヤリ&異常投票馬のコラボで仕留めた!?

をガン見してくれ!!

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
11/21 京都11R アンドロメダS トラストワン(2着)

ボウマン騎乗の勝ち馬トーセンレーヴにゴール前で交わされるも6人気で激走



マイルCS、ジャパンC週に金子真人HDが大暴れ!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント