Article

        

オースミタイクーンのマイラーズCは八●長ではありません!?

2016/ 05/ 06
                 



どの業種に限らずファンというのは力を与えてくれる有り難い存在だ。



しかし、時と場合によっては愛するが故に、ついつい厳しい言葉を発してしまう。



例えば5(木)に行われたプロ野球の楽天vsロッテ戦。手に汗を握るシーソーゲームで9回表まで8-7。ここで楽天は守護神、松井裕がマウンドに。いつも通り若きクローザーが締めてくれる。大多数の楽天ファンはそう信じていたに違いない。



ところがどっこい、



松井裕は四球と連打を浴びて6失点の大炎上。後続も打ち込まれ最終回だけで一挙8得点。終わってみれば8-15でロッテが勝利した。



プロは結果が全て。試合後に松井裕は「自分の実力不足です」と言い訳しなかったけど、試合後のヤ●コメが酷い有様に。。。。。。



そりゃ打撃陣があれだけお膳立てして最後の最後にブチ壊したら、ファンが怒るのも無理はない。俺は出身地の千葉ロッテがご贔屓球団だけど、逆の立場なら大なり小なり、苦言のひとつも発したくなったに違いない。
(3日にロッテ守護神の西野が打ち込まれ逆転負けした時がまさにそれ)



余談としてフジテレビのCSで放送されているプロ野球ニュースで、昨年まで楽天の監督を務めていたデーブ大久保が解説していたけど、言葉は“愛のムチ”に溢れていた。



その内容を簡単にまとめると



・外国人投手のクイックができていない

・守備のミスが多すぎる

・逆転してもベンチで大はしゃぎするんじゃないよ!



とこんな感じだが、最後に「勝負は下駄を履くまで分らない」と。これに尽きると思う。



CSのプロ野球ニュースは1試合あたりタップリ時間があるので、展開を左右したシーンを解説付きで放送してくれるのは素晴らしい。



結果だけ見ると松井裕だけが戦犯扱いされてしまうけど、その前に同点の内野安打になった清田のショートライナーを茂木が捕っていれば、ゲッツーで試合終了ですよ。



茂木は7回表にも平凡なフライをレフトとお見合いでタイムリーにしているし、俺が楽天のファンだったら“打つだけじゃなく守備も少しは……”と言いたくなる。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
【マジギレ】デーブ大久保 現役時代にバットを叩き折る

CSのプロ野球ニュース動画はなかったので現役時代の名シーン(!?)で代用
(フォローじゃないがデーブの解説はカネを払って見る価値あり。楽天フロント批判とか超面白かった)



これはプロ野球に限らず競馬の世界も似たり寄ったり。いや、カネが絡んでいる分だけ愛のムチの力加減が、デーブ大久保の解説以上に半端ない(苦笑)



とくに本命馬が惨敗したレース後の拍手コメントは野球のヤ●コメ状態だし、俺も大体の内容が分かるから見ないようにしている。



これは野球選手が致命的なエラーや打ち込まれた時に、翌日のスポーツ新聞をチェックしないのと同じ。ただでさえ落ち込んでいる状態に追い打ちをかけられるし、メンタルを保つため長年意識して行っていることだ。



競馬は毎週末、1日単位でも当たりハズレの結果が出るギャンブルだ。それに対して一喜一憂するのはいいとして、勝てば兜の緒を締め、負けたらキッチリ敗因を分析したうえで気持ちを切り替える。これですよ。



最後に、基本的に俺は本命馬が直線でどこにもいなかったら、苦言のひとつも発したくなる気持ちをグっと抑えて、ブログでは何も触れないように努めている。



競馬は究極の自己責任。自分で信じて馬券を買ったんだし、見る目が無かったと反省するしかない。



もう1つ、高校時代の競馬仲間はよ~く知っていると思うけど、俺は思ったことを無意識に口走ってしまう悪癖がある。



1997年のマイラーズCをオースミタイクーンが11番人気(単勝52.2倍)で制した時は、恐らく死ぬまで忘れないであろう大失態だった。鞍上の武幸Jは実父・武邦彦師の計らいでは当時デビュー週に重賞騎乗だよ。それで勝っちまったんだぜ?



現在の競馬に例えれば藤田菜七子Jがデビュー週に重賞で超人気薄を勝たせたようなモンだし、このアンビリバボーな偉業に対して、若き日の俺は中山競馬場で“八●長だ!”と叫んじまってな~



その後も馬券がハズれた怒りは収まらず、最終レース終了後まで軽く30回以上は八●長を口走ったが、競馬場を出た後に悪友Wから



「ジョー(俺)が大声でヤオを連呼するから、JRAの職員がウヨウヨ集まって来ちまったじゃねーか!」



とガチで怒られた(苦笑)



なんで悪友Wがマジギレしたかは読者各自の想像に任せるとして、当時の豆腐メンタルと比べれば現在の俺は読者のみんなから長年に渡り、鍛えに鍛えられたアイアンハート(鉄の心)だよ。10代の頃なら昨日のかしわ記念はヤ●コメの楽天ファン同様、手の付けられない有様だったと思うぜ。。。。。。


takekou.jpg
若き日の武幸J。俺と同い歳(公称1978年生まれ)なんだよね~
(YouTubeやニコ動にあったオースミタイクーンのマイラーズC動画が根絶やしに。八●長の証拠隠滅か!?)


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
5/7(土)東京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

超マニアック東京ご当地馬主、VTC(仮名)の勝負馬。O・Sマニアの読者から問い合わせが殺到している謎の組合馬主だけど、俺はHRRやケンさん達(!?)で懲りたからな。馬主名義を法人や組合にしているのには相応の理由があるし、先週の東京最終をブチ抜いたクールエイジア山王飯店もそう。ウッカリ例の場所で代表者の実名を公開しちまったが、要はそう言うことなんですよ!

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
5/1 東京12R 4歳上1000万下 クールエイジア

山王飯店の代表★★★★オーナーは赤坂の有力者で東京ご当地馬主
(大人の事情によりクールエイジアの記事は削除した。JRAがお役所仕事でマジ助かった……)

VTCの場合はまた違ったケースとはいえ、山王飯店と同じく東京馬主協会に所属している。それは代表馬で府中の鬼●●●●の成績を振り返れば誰もが納得だろう(東京で4勝、2着2回、3着3回)。例の場所で公開しているO・S馬は初コースになるけど、使いつつ馬体が増えているように充実一途だからな。牝馬限定のダ1400Mや新潟ダ1200Mではなく、あえてオーナー地元開催の東京で距離適性を重視して、牡馬相手に使ってきた陣営の意気込みを買いたい。


ブログで書けないここだけの話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



武豊Jを支える京都ご当地馬主を大公開!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201605.jpg

競馬最強の法則5月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント