Article

        

【香港G1】個人的に春天より気合いが入るクイーンエリザベス2世C!?

2018/ 04/ 28
                 

[小宮城が独断と偏見で狙う注目馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
シャティン競馬場香港8Rクイーンエリザベス2世C(国際G1) 芝2000M
qe1.jpg
馬柱ネット新聞は競馬ラボより

4/29(日) 17:40(日本時間)発走 ※馬券は29(日)7:00より即PAT、A―PATから購入可能 詳しくはJRAホームページで。



200_13s_20171104102811ba6.jpg

▲☆△

【クイーンエリザベス2世C】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2018/04/01 第62回 大阪杯(G1)
⑧アルアイン(3着)、⑭ダンビュライト(6着)



【クイーンエリザベス2世C】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2/25 シャティン競馬場 香港ゴールドカップ(G1)
①タイムワープ(1着)、③パキスタンスター(4着)
⑦ゴールドマウント(5着)、⑥イーグルウェイ(6着)、⑧ディノーゾ(7着)



【クイーンエリザベス2世C】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
3/18 シャティン競馬場 香港ダービー
③ピンハイスター(1着)



【クイーンエリザベス2世C】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
4/8 シャティン競馬場 チェアマンズトロフィー(G2)
④パキスタンスター(4着)、①タイムワープ(10着)





8頭立ての少頭数ながら個人的に春天より気合いが入る(!?)、香港の国際G1クイーンエリザベス2世C。



大人の事情により高松宮記念馬ファインニードルが出走を予定しているチェアマンズスプリントプライズ(G1)の馬券が発売されないのは、非国民の俺にとって残念でならないけど(苦笑)、芝中距離なら日本馬が勝てるチャンスは高いから仕方ない!?



ただ、JRAホームページ及びスポーツ各紙でも報じられたように、日の丸を背負うアルアイン、ダンビュライトのサンデーR2頭にも不安要素が浮上している。



前者は26(木)にまさかの調教拒否(※1デイリーより拝借)。後者はレースで騎乗予定のT・ベリーが火曜の模擬レースで落馬負傷した影響を考慮して、最終追いは小林慎一郎(元騎手)調教助手が跨っている。



両陣営とも1週前に実質的な最終追いを済ませて現地入りとはいえ、懸念材料であることに変わりはない。負けた時の言い訳できちまったし、チョッピリ嫌な感じはする。



※1ブログ参考画像(デイリースポーツより)
qe2.jpg
その後の対処法は記事を参照。これが国内G1なら大幅な割引材料になるが……



こうなると自他共に認める非国民(!?)の俺としては、地元香港勢の2強タイムワープ、ピンハイスターに触手が動く。



タイムワープは昨年末の香港Cでネオリアリズム(3着)を破った香港芝中距離のトップホースだ。また2走前の香港ゴールドCでも、逃げて香港C2着ワーザーに再度先着している。



ところが距離不足の芝1600M戦では先手争いで絡まれ2戦とも大敗……。とくに前走のチェアマンズトロフィーでは香港マイル路線でおなじみ美麗軍団チームプレーにより、前問の虎ビューティージェネレーションにマンマークされたこともあるが、ハナを切って10着シンガリ負けだからな?(ちなみに勝ったのは中団で脚を溜めていた後門の狼ビューティーオンリー)



今回は実績を残す芝2000Mに舞台が替わり少頭数。楽に逃げられる可能性が高いとはいえ、マイペースで行けないと脆いタイプなのは周知の事実だ。



それなら日本馬2頭及び香港勢の一線級とは初顔合わせになるが、香港ダービーを最後方からレースレコードで差し切ったピンハイスターに未知の魅力を感じる。



あの競馬は当時鞍上のR・ムーア補正(!?)だったとしても、今回はマジックマンことモレイラに手が戻る。



香港最強ジョッキーに乗り替わりは心強いし、まとめて負かすならこの馬だろう。



これに昨年の同レース2着パキスタンスターを加えた5頭立ても、同馬は香港の悪童(!?)として別の意味で有名だ。



何度もレース中に走るのを止めようとして調教再審査になっているし、前走のチェアマンズトロフィー(4着)でも再び悪癖を見せてペナルティーを食らっている。



常識的に考えて札付きの悪(ワル)ならぬ超絶クセ馬を、今回が初騎乗となるビュイック(昨年2着時のデソウサは拠点とする英国から当日までに香港入りできるか不明瞭なため)が御せるとは思えない。



無理やり日本馬に置き換えるならゴールドシップ(7着)にウィリアムズが騎乗した14年の天皇賞・春(※2)みたいになりかねないし、昨年2着の実績を評価されてJRA独自プール方式で人気になるなら嫌いたい1頭だ。



こんな感じで本命馬の選択さえヘグらなければ(←ここがポイント)、クイーンエリザベス2世Cは3点で獲れる



裏の裏で不安要素を抱える日本馬が、ホームの地の利を重視して香港馬か。オーナー・サイダー的には地元馬主になっちまうんだが……?

※2ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2014/05/04 第149回 天皇賞・春(G1)
⑧ゴールドシップ(7着)


1:04~。リアルタイム映像とカメラワークが違うのは関連会社の忖度?
(ゴールドシップがゲート内で暴れている0:55~のにスターターが……。この件でウィリさんは日本で干されるようになったんだぜ~)

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】

最強競馬ブログランキングO・S更新通知メール専用登録フォーム

[最強]ランキング読者会員登録へ
【最強競馬ブログランキング新サービス】ブログ更新通知メール機能が凄い!!を参照




≪第157回 天皇賞(春)・GⅠ≫

キタサンブラック引退後、古馬GⅠ戦線で
主役になるのは果たして!?

紙面上では完全無印が予想される激走穴馬
の存在をスクープ!

波乱の立役者となる激走穴馬の正体とは!?

馬券購入前に必ずご確認ください。

【天皇賞(春)・3点勝負】を無料公開!
興味のある方は是非情報入手して下さい!

k300_300_201804221337267c0.gif



【雑誌限界ギリギリ】新興馬主KTレーシングの謎に迫る!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201805.jpg

競馬最強の法則5月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)