Article

        

【東京盃】「JRA・森厩舎vs兵庫・新子厩舎」2頭出し組織戦対決に要注目!?

2018/ 10/ 09
                 

[小宮城が独断と偏見で狙う注目馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
10/10(水)大井11R東京盃(Jpn2) ダ1200M 20:10発走



キタサンミカヅキ(心の本命馬)

200_13s_20171104102811ba6.jpg

エイシンバランサー(サマーチャンピオンと同じく新子厩舎エイシン2頭出しの大将格)

(要オッズ相談)

ネロ(前走時に続いて色んな場所×3で限定公開するワケアリ参戦だけに……)

「JRA・森厩舎vs兵庫・新子厩舎」2頭出し組織戦対決に要注目の東京盃。前者は色んな場所×3で限定公開する“大人の事情”により、後者は5人気で本命に抜擢して馬券をハメたサマーチャンピオンと同じ布陣で勝負がかり。森厩舎の2頭は脚質モロ被りの僚馬のため今回は番手に控える作戦、エイシン2騎は大将格をサポートするため積極策を示唆と好対照だ。個人的にはオーナーの指示(命令)で?ネロ(馬主:西山茂行)にマテラスカイ(馬主:大野剛嗣)のハナを奪う積極策に期待(!?)したいところだけど、さすがに新聞の公式コメントで「今回は急かせない競馬を考えています」(専門紙Bより引用)と厩舎サイドが語っているだけに……

……ちなみに記事を書いているのは10/8(月)夕方だ。オーナー自身がブログで馬主サイドの見解(!?)を出されるかもしれないが、同厩舎2頭出しでガリ競りは非生産的で現実味が薄い。幸い、同型のグレイスフルリープ(馬主:前田晋二)は大井ダ1200Mで不利といわれる外枠に入ったし、森厩舎2頭にとって不安要素はサマーチャンピオンで一部有識者に物議を醸したエイシン軍団チームプレー(※1)のみになる。

※1ブログ参考画像(netkeibaより)
エイシン連携
見事な連携……。地方でも表向きチームプレーは競馬法により禁止ですよ~

しかし、その気になれば芝1200Mでも先手争いを演じられるネロならともかく、新子厩舎2頭出しの突っかけ役がエイシンヴァラー(馬主:平井克彦)では少々役不足だ。組織戦が相方のスピード不足により不発に終わればエイシンバランサー(馬主:平井克彦)にとって苦しい形になるが、どちらも交流重賞勝ち馬だけに玉砕覚悟まで競ってはいかないだろう。

これで先行勢総壊滅の展開なら心の本命馬○キタサンミカヅキの本命抜擢も考えていた。中央勢5頭はワケアリ参戦のネロを除き、秋の大目標は11/4(日)に行われるJBCスプリント(京都ダ1200M)。揃いも揃って東京盃は前哨戦仕上げだし、展開が紛れれば地方勢にも付け入る隙はあるんだけどな~

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】

最強競馬ブログランキングO・S更新通知メール専用登録フォーム

[最強]ランキング読者会員登録へ
【最強競馬ブログランキング新サービス】ブログ更新通知メール機能が凄い!!を参照



あの“最強”チームが集結した新雑誌が10/12(金)に創刊
【O・S新連載】馬主事情通(岩神編集長が命名)で復活!

keibanotensai.jpg

競馬の天才! Vol.1

全国の書店・アマゾンでGET!!
(予約受付中。売れ切れ御免)