Article

        

【日本ダービー】サートゥルナーリア(ノーザンF)の新聞に載らない激裏話(目黒記念の見解はブログ末尾で公開中)

2019/ 05/ 25
                 

【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】

【↓小宮城から読者のみんなにお知らせ↓】

【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

質問・応援メッセージはこちら

O・SLINE限定『馬主注目馬』キーワード変更のお知らせ

【アフィリエイト仲介業者向け】広告掲載の依頼に関して









待たせたな!






記事を書く事に不必要な敵を作る悪癖は相変わらずだが(詳しくは第1~3回を参照)、新聞に載らない激裏話SPECIALの大トリはもちろんサートゥルナーリア(馬主:キャロットF、生産:ノーザンF)だ。



しかし、毎日ガン見している読者みんなには繰り返しになるけど、お陰様で小宮城の馬主馬券術~オーナー・サイダー~大勢の馬主関係者が内容をチェック(監視)している。



悪名は無名に勝る(byナベツベ)を地で行く生活を送っている今日この頃だが(苦笑)、本当のことでも書いちゃダメなのが競馬界。暗黙の了解を破る者にはそれ相応の報復が待っている。それが俺の場合だと本来ブログと無関係のビジネスパートナーや出版社に(自主規制)……ってワケよ。



残念なことに大半の競馬マスコミは取材拒否を恐れて、関係者の御用聞きに成り下がった。報道の実態は当たり障りのない、言葉を変えれば毒にも薬にもならない内容のオンパレード。プロ野球の某熱狂的虎党応援スポーツ紙でも阪神タイガースが連敗すれば、大なり小なり批判的な記事を書くぜ?



そんなマスメディアとして当然のことすらはばかられる競馬界にあって、個人的に興味深い記事を紹介させてほしい(下記の注1画像を参照)



注1ブログ参考画像(Yahoo!東洋経済オンラインより)
190525アーモンドアイ
情報は点ではなく線で見る。普段は競馬を取り扱わない媒体とはいえ攻めたな~



全7ページに及ぶ膨大な文章量だから俺の独断と偏見で内容をひと言で説明すると



「ファンや厩舎サイドの声に耳を貸さず、アーモンドアイを凱旋門賞に使わないノーザンFはピー(自主規制)」



ってこと(個人の感想です)



何かと事なかれ主義、臭いものに蓋をする業界にあって、表も裏も知り尽くす既存メディアの記者が声を挙げた意味は大きい。



ちなみに記事の著者である福島民報の高橋利明さんは昨今の競馬界では絶滅危惧種(!?)になっちまった、気骨あふれる人物だ。



詳しくは「福島から競馬を見続ける気骨の“オンリーワン”」<第19回>高橋利明に譲るけど、netkeibaの記事内から高橋さんの言葉を引用すると



競馬の楽しさを伝える人でありたい

「今の競馬がつまらない、っていうのは簡単。あの頃が良かったね、というのは進化を止めた人間がいう話なんです(←小宮注。ここがポイント!)。今の競馬もちゃんと理解して、馬の仕組みも理解して、どういう競馬をしているんだ、ということも理解して、わかったうえで、前と比べてどうだったのか、と。~中略~大手の人たちは、自分たちが勝つために海外から一流ジョッキーを連れてきて依頼します。だけど、彼らは日本の競馬をどう見せるか、本来は責任もあるはずです。誰が旗を振って、日本の競馬をいい方向へ持っていくか。本当はみんなで考えて、方向性を決めなきゃいけないんですけどね」



引用ここまで。



俺もブログ(色んな場所×3)や月刊誌連載で“ノーザンFの不都合な真実”を暴露し続けてきた人間だけど、所詮は正式な媒体に所属していないアウトローの立場だよ?



だからこそ登録上オーナー、真の所有者、影のトレーナーと限界ギリギリの隠語を用いて世に広めても、何とか無事(!?)でいられるんだが……。



この前振りの後に関係各所に配慮して、サートゥルナーリアの新聞に載らない激裏話をオーナー・サイダーLINE@【ID検索@ownersider】で限定公開するのはモーレツ心苦しい限り。



オーナー・サイダーの根本は“馬主にとって競馬はあくまで経済活動”



高橋さんの主張はイチ競馬ファンとしては諸手を挙げて支持したいけど、真の所有者の立場で考えると……(アーモンドアイとサートゥルナーリアは新聞に掲載されている登録上オーナーは別って野暮なツッコミは却下だ)


[小宮城が独断と偏見で狙う注目馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
5/26(日)東京12R目黒記念(G2) 4歳上OP 芝2500m ハンデ
190525目黒記念
馬柱は競馬ラボより

イイ意味でも悪い意味でも、これだけ負けた時の“言い訳”が用意されている出走馬だらけの重賞も珍しい。③ソールインパクト(馬主:窪田芳郎、生産:社台C白老F)、⑤アイスバブル(馬主:金子真人HD、生産:ノーザンF)、⑨アドマイヤエイカン(馬主:近藤利一、生産:ノーザンF)、⑫パリンジェネシス(馬主:キャロットF、生産:レイクヴィラF)は5/4メトロポリタンSが雹(ひょう)によるレース中止により、カラ輸送&2週スライド出走を余儀なくされた。中間の調整に大幅な狂いが生じているし、予定どおり使えなかったのは痛い。

そうなると18年の有馬記念馬⑥ブラストワンピース(馬主:シルクR、生産:ノーザンF)の独壇場となるはずだが、ハンデ59キロの酷量が鍵になる。これは今秋にサートゥルナーリアの帯同馬……じゃなかった。凱旋門賞挑戦を見据えての判断(4歳以上牡馬は59.5キロ)らしいけど、レースを見据えて60キロ超えで追い切った最終調整の動きを見る限り、斤量の影響は少なくないかなと。詳しくは下記の違法アップロード上等のYouTube動画(※1念のため。アップ主は俺じゃない。マジで!!)をガン見してほしいが、併せたカルヴァリオの鞍上が気を使わなければ(!?)、ぶっちゃけ先着できたかも怪しい手応えだった。

その点、色んな場所×3で公開している目黒記念の小宮城◎最終追いは非の打ち所がない動き。稽古駆けする馬とはいえ、併走馬を一瞬で置き去りにして見せた。さすがは早くからベスト条件の目黒記念に絞って調整されただけはある。これで負けたら相手が強かったと諦めるし、預託繁殖でも府中の芝で猛威を振るうノーザンF生産馬なので……。

【目黒記念】※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2019 目黒記念 最終追い切り

7:31~。併走馬の鞍上に注目。重馬場を考慮すれば時計は悪くないが……?

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】

最強競馬ブログランキングO・S更新通知メール専用登録フォーム

[最強]ランキング読者会員登録へ
【最強競馬ブログランキング新サービス】ブログ更新通知メール機能が凄い!!を参照



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol8.jpg

競馬の天才! 6月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)