Article

        

【共同通信杯】O・S的に心の本命馬は柴田善Jシングンバズーカ!?

2020/ 02/ 16
                 
【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

↓質問応援メッセージはこちら↓
toisaido.jpg
osmatasetana@gmail.com



[小宮城が狙う馬主特注馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
2/16(日)東京11R共同通信杯(G3) 3歳OP 芝1800m 別定
200216共同通信杯馬柱

競馬ラボ東京芝1800m
馬柱、コース図は競馬ラボより

オーナー・サイダー的にシングンバズーカ(馬主:伊坂重憲)がイチ押しの共同通信杯。過去記事で現役の代表馬シングンマイケル(中山大障害などジャンプ重賞3勝)を取り上げた際にも説明したように、伊坂重憲オーナーは東京馬主協会に所属するご当地馬主だ(←ここがポイント)。しかもバズーカ&マイケルの父シングンオペラは19年前の共同通信杯に出走。当時は地方船橋の所属ながら勝ったジャングルポケットから0秒5差。3着とはハナ差4着に好走している。

先週のきさらぎ賞でコルテジア(馬主:前田幸治)を猛プッシュした直後ってこともあるけど、時として競馬は人知を超える力が働くことがある。オーナー・サイダーの根源であるご当地ヤリは典型例だが、9頭立ての少頭数でも今年の穴候補はシングンバズーカだよ。騎乗を予定している柴田善Jも15(土)は「東京5R2着(9人気)→6R3着(6人気)→7R2着(8人気)→8R1着(2人気)」と4戦続けて馬券圏内と乗れているし、ひと雨降ればマジで1発あるかもしれない。

大前提としてノーザンF生産馬が猛威を振るう東京芝1800mで、非社台系牧場生産馬の個人オーナーを狙うのは賢い選択とは言えない。正攻法で予想するのであればフィリオアレグロ(馬主:サンデーR)、マイラプソディ(馬主:キーファーズ)のどちらかに◎を打つべきだろう。例によって俺の最終結論&ブログで書けない激裏話は色んな場所×3で限定公開させてもらうけど、O・S的に心の本命馬は文句なくシングンバズーカ!?

【おまけ】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2001 共同通信杯(G3) シングンオペラ(4着)

直線内ラチ沿いを伸びてくるのがシングンオペラ。出遅れなければ3着はあった(と思う)

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol17.jpg

競馬の天才! 3月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)