Article

        

【金鯱賞2020予想】馬券の鍵を握る“100人の諭吉さん”

2020/ 03/ 14
                 
本格予想サイト競馬JAPANでは

大阪スポーツの看板・上田琢巳
血統評論家・水上学
東スポコラムでお馴染み・今川秀樹
元「1馬」TM・柴田卓哉
コースの鬼・城崎哲が

金鯱賞を的中させるために
絶対に押さえたい3つの傾向と
データからの推奨馬を紹介します!!

↓↓↓
PR金鯱賞2020 穴馬の法則を発見!出走予定馬・想定オッズ・予想でご確認ください。


【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

↓質問応援メッセージはこちら↓
toisaido.jpg
osmatasetana@gmail.com



[小宮城が狙う馬主特注馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
200314金鯱賞

G1競走2勝馬⑥サートゥルナーリア(馬主:キャロットF)が断然人気に支持されている金鯱賞(G2、中京芝2000m)。今年はみんな大好き③ニシノデイジー(馬主:西山茂行)を含めて12頭中7頭が重賞勝ち馬という豪華メンバーだけど、あえて具体名は挙げないが「YOUは何しにG2へ?」と感じる馬もチラホラ……。

実際の出走経緯は各陣営でケースバイケースだけど、あえて強敵相手の金鯱賞に使う意図の1つとして考えられるのが特別出走奨励金(※1)の存在だ。

JRAが指定する“頭数が集まりにくいG2”へ出走をうながす目的で、11着以下となった馬に対してオープン馬は100万円。3勝クラスの馬は50万円が交付される。かみ砕いて説明するとオープン馬ならタイムオーバーにならない限り、ビリでも100万円がもらえる制度ってことよ。

詳しくは関係各所に最大限配慮して色んな場所×3で限定公開させてもらうけど、近年のG2には諭吉さん100人ニンジン目当ての出走馬が散見される。

論より証拠。過去3年における芝1800~2200mの別定戦G2と、距離は同じで条件戦などを加えた各種馬券の平均配当を比較してほしい。

[G2芝1800~2200m平均配当]
単勝 696円
複勝 245円
枠連 2018円
馬連 2617円
馬単 4870円
3複 8115円
3単 4万4761円

[芝1800~2200m平均]
単勝 912円
複勝 312円
枠連 1965円
馬連 4618円
馬単 9318円
3複 1万6259円
3単 10万0501円
※小数点は四捨五入

上記のように全ての券種で平均配当を大きく下回っている。特に3連単はG2が4万4761円に対して、芝1800~2200m全体では平均10万超えと倍以上の差に。これは平穏決着が多いことを示しており、特別出走奨励金が目的で使ってきた超人気薄はほとんど馬券に絡んでいない裏返し(←ここがポイント)。

まとめると、別定戦G2では100万円ニンジンがもらえるため、数合わせ的な意味合いで参戦している馬がいること。競馬に絶対はないけど、根拠のない大穴狙いは禁物。今年の金鯱賞は出走馬の勝負気配に天と地ほどの差があるし、馬券は上位人気馬を中心に絞って仕留めたい。

※1ブログ参考画像(JRAホームページより)
200314特別出走奨励金
12頭立ての金鯱賞でもブービー&ドベの馬でも100万円。いや、本当、マジで!

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol18.jpg

競馬の天才! 4月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)