Article

        

【日本ダービー2020】ワーケアの新聞に載らない激裏話

2020/ 05/ 27
                 
日本ダービーPR
【日本ダービー2020予想】2強で決まりは早計!
激アツローテで挑む逆転候補を発見!
PR【GIトリプルトレンド】

【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

↓質問応援メッセージはこちら↓
toisaido.jpg
osmatasetana@gmail.com






最初に。5/24(日)ブログ冒頭の繰り返しになるけど、同日昼の記事更新時に「小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー」(※1https://www.ownersider.jp/)で公開していた【優駿牝馬(オークス)】新聞に載らない激裏話にアクセスが集中。緊急対応として旧ブログで記事を公開するまでの12時30分~14時30分頃にかけて、新ブログが閲覧できない状況に陥っていた。

現状だとアクセスが激増するダービーウィークに、新ブログが再び死亡確認(これはガチで笑えない。いや、本当、マジで!!)になるのは火を見るよりも明らか。先週末はosmatasetana@gmail.comには菜七子ちゃん未成年飲酒疑惑騒動(!?)に匹敵する問い合わせが殺到しちまったし、日本ダービーの新聞に載らない激裏話は旧ブログの方で公開に変更します。読者のみんなには多大な手間と迷惑をかけて本当に申し訳ない!


※1ブログ参考画像(「小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー」より)
200516新オーナー・サイダー
ダービー週だと平日から死亡確認も……。苦肉の策として今週は旧ブログでの更新になります。


そんなワケで結構公表だった新ブログの万人受け表現から、書き慣れたオラオラ口調でぶっ放す栄えある先陣はワーケア(馬主:落合幸弘、生産:ノーザンF)の新聞に載らない激裏話だ。

毎日ガン見している読者には皐月賞時に色んな場所×3で先行公開したとおり、同馬は後述する“大人の事情”により皐月賞をパス。弥生賞から直行という変則ローテで挑む。

2018年に1番人気ダノンプレミアム(6着)が同様のステップで参戦した前例があるとはいえ、同馬には表向き脚部不安という正当な理由(!?)があった。

ところがどっこい(死語)、ワーケアは五体満足の状態で皐月賞を回避している(←ここがポイント)

これこそ大手牧場が牛耳る近代競馬の闇であり、新聞に掲載されている登録上オーナーや調教師に、出走ローテや鞍上の決定権がないことを証明した事例だよ?



「競馬界で馬主の指示(命令)は絶対――」



厩舎の看板馬に突然G1で「菜七子ちゃんを乗せろ!」と言い出し、オーナーのゴルフや飲み仲間だからという理由で中堅下位ジョッキーを鞍上に指名。期待していた馬が全然走らないから怒りの4連闘……などなど。個々のケースはどうあれ、良くも悪くも上記の事例は馬主の姿そのものだ。



し・か・し



“真の所有者”が某大手牧場の生産馬だと、文字どおり新聞に掲載されている馬主は登録上のオーナーに過ぎない。

俺の解釈だと自らが決定権を持たないオーナーは本当の意味で馬主とは言えないし、少々言葉は悪いが1口クラブの馬と大差ないからな?(個人の感想です)

1つだけハッキリしているのは日本ダービーでワーケアが好結果を出さないと、登録上オーナーや厩舎スタッフとの間に微妙な空気が流れるのは確実ってこと。

この中間は十八番の外厩調整でデビュー以来最高のデキに仕上がっているし、落合幸弘オーナー地元開催(本業は神奈川の有力者で東京馬主協会に所属)で2戦2勝の東京替わり&ルメール騎乗なら1発あるかも……?



……って話を万人向き表現の新ブログでオブラートに包んで書くつもりだったのに、旧ブログの角が立つ口調だとこうなってしまうのよ~。

これだけで真の所有者&ワーケア日本ダービー直行の決断を下した影のトレーナーと、小宮城と縁浅からぬ馬主3名が激おこプンプン丸(死語)。誰1人実名を出していないのに、関連施設にミサイルが撃ち込まれるなどのクレームに発展する。

菜七子ちゃんやゴルフ&飲み仲間のジョッキーを愛馬に乗せている馬主は大勢いる……って反論は通用しないし、4連闘は該当例が少ないから本気で調べられたらバレるけど(苦笑)、1人には限定されませんよね?


【おまけ】ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
DEEN ひとりじゃない 1996

「自分勝手に思い込んで~」。本当コレ。被害妄想でクレームは止めてください!


[小宮城が狙う馬主特注馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
200527.png

ワーケアと同じ落合幸弘オーナーの愛馬ドリームスピリットが出走を予定している5/31(日)東京8R青嵐賞(2勝クラス)。ダービーと同舞台の東京芝2400m戦とあって、当日のトラックバイアス(馬場傾向)を見極めるうえで重要なレースとなる。

今年は東西の移動制限により関西馬が遠征できず頭数が少々寂しいのが残念だけど、この面子なら異例の有力馬2頭出しに踏み切った某大手牧場の勝負馬(ここ数年地味な方)でイケる。

察するに片割れが全権調教師(!?)の管理馬だからコントロールが利かなかった疑惑はさておきダービー当日にノーザンF関連馬が1頭も出走しなかった(←注目)のは見逃せない。脚質的に前門の虎、後門の狼チームプレーの布陣に加えて、その気になれば大将格の方はちょうど1年前に同条件を勝った時のような先行策も可能だけに……?

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol20.jpg

競馬の天才! 6月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)