Article

        

【オーバルスプリント2020予想】ノブワイルド三連覇なるか!?

2020/ 09/ 21
                 
セントライト記念は穴馬+1推奨馬バビットが逃げ切り!

しあわせ万馬券【暴露王】の現役記者は

19年3連単【5万4310円】の立役者

激走穴:グレイル(6人気・単勝21.4倍→3着)

に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

あなたの馬券に高配当を引き出す
【穴馬+1(プラスワン)】

【オールカマー 2020】2頭に1頭が必ず馬券に!?激走条件を発見!出走・枠順・予想でご確認ください。


【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

↓質問応援メッセージはこちら↓
toisaido.jpg
osmatasetana@gmail.com



[小宮城が独断と偏見で狙う注目馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
9/22(火)浦和11Rテレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3) ダ1400m 別定 16:25発走



○▲☆注△200_13s_20171104102811ba6.jpg

当初出走を予定していたゴールドクイーンの回避により、JRA勢は3頭のみと寂しい顔ぶれになった今年のテレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3、浦和ダ1400m)。

こうなると注目は地元浦和の大将格であり、現在2連覇中のノブワイルド(馬主:前田亘輝)だろう。同型馬サヴィ(馬主:ゴドルフィン)の出方次第も、こちらはハナ絶対ってタイプではない。ゴールドクイーン回避は願ってもない追い風だし、今年も得意の逃げで沸かせてくれるに違いない。

上記2頭に実績最上位サクエスエナジー(馬主:高嶋哲)を加えた3頭に人気が集中しそうだけど、この馬は典型的な叩き良化型だからな。昨年のオーバルスプリントも今年と同じ58キロを背負って5着に敗れているように、中間の調整からも今回が勝負!って雰囲気は感じなかった。

それなら地方移籍後に覚醒したベストマッチョ(馬主:馬場幸夫)に魅力を感じる。前走のプラチナCは58キロを背負い横綱相撲で押し切り。前々走はブルドッグボス相手に接戦を演じている。浦和ダ1400mも合っていそうだし、54キロの今回は思い切って本命抜擢も……?

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol24.jpg

競馬の天才! 10月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)