Article

        

【お知らせ】新ブログで『出走ルール』を理解すれば“関係者の思惑”が分かる!を公開中

2021/ 01/ 08
                 
フェアリーステークスPR
【フェアリーステークス 2021】馬券に役立つ情報をコソッ!とお教えします。
PR【重賞情報袋とじ】

【重要】

色んな場所でO・S馬の確認方法

新ブログ本格稼働にともなう旧ブログ(ここ)今後の更新スケジュール

 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

↓質問応援メッセージはこちら↓
toisaido.jpg
osmatasetana@gmail.com



[小宮城が狙う馬主特注馬&ブログで書けないマル秘ネタ]
210109.png

本日はこの馬を借りて、新ブログ【特別企画】『出走ルール』を理解すれば“関係者の思惑”が分かる!で解説したオープンクラスの補足をさせてほしい。

ちょうど上手い具合にニューイヤーS(L、中山芝1600m)は、2020年3歳春時に重賞戦線で活躍したクラヴァシュドール(馬主:山紫水明)、サクセッション(馬主:キャロットF)が出馬投票。前者は出走順位15番目で滑り込み、後者は19位タイで除外と明暗を分けた

参考までに額面上の収得賞金はクラヴァシュドール2050万に対して、サクセッション2100万と僅かに上回っている。それなのに出走順位が逆転したのは……(①②③に関しての詳細は新ブログを要チェック!)。



クラヴァシュドール
①収得賞金2050万
②1050万(20年3月G2チューリップ賞2着)
③ゼロ(19年阪神ジュベナイルFは2年以内も3着なので収得賞金に加算なし)

①②③合計3100万

サクセッション
①収得賞金2100万
②ゼロ(20年1/5ジュニアC1着は1年以上経過しているので加算されず。1週早ければ+1000万)
③ゼロ

①②③合計2100万



と上記のように、たった1週。厳密には僅か4日の差で、サクセッションが除外されたワケよ?

競馬にタラ、レバは禁物も2頭が京都金杯に出走していたら、取得賞金は3100万円で並んでいた。まぁ、それでも除外対象だったけど……。

競馬週刊誌を発売しているB、G誌の記者さんは、毎週1頭ずつ収得賞金を計算。除外優先権の有無も確認しながら出走順位を掲載している。新ブログで記載したすばるSにいたっては1レースで41頭分だし涙なしには語れない。本当、お疲れ様です!

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


 200_13s_20171104102811ba6.jpg 
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【オーナー・サイダー新章】馬主★事情通!を好評連載中
keibanotensai_vol27.jpg

競馬の天才! 1月号

全国の書店・アマゾンでGET!!
(絶賛発売中。売れ切れ御免)