Article

        

オーナー・サイダー=ID競馬?

2010/ 01/ 07
                 
[オーナー・サイダー=ID競馬?]


昨日のブログ「京都ご当地馬主」ダイシンの大八木信行オーナーの競馬場別成績を暴露したら、拍手コメントで

『他にもご当地馬主を教えて下さい!』

と言った趣旨の要望が山のように届いていたな。



確かにご当地馬主に限らず特定の競馬場で成績が良い馬主さんを覚えておけば、馬券の参考になるのは間違いない。
例えばツクバ・ウェディング・ヘイアンの冠号でお馴染み萩原昭二オーナーが「中山ご当地馬主(※1)」なのは、毎日ブログをガン見している読者なら覚えているだろう。
(※1詳しくは12/1612/4で確認してくれ)



萩原昭二オーナーは千葉・茨城で広く冠婚葬祭業を営むライフランドグループの会長で、特に昨年12月にお膝元の中山で仕込まれた勝負馬の成績は半端じゃない。

昨年12月の中山に出走した萩原オーナー愛馬の成績。オープン特別勝ちを含む5戦3勝②着1回。勝率60%、連対率80%
※昨年12月の中山に出走した萩原オーナー愛馬の成績。オープン特別勝ちを含む5戦3勝②着1回。勝率60%、連対率80%。


上記5頭中12/20ツクバグローバル、12/5ツクバエンジェルはブログでも書いたけど、萩原オーナーは現在中央では7頭しか所有していない馬主さんだ。
それでこの成績は尋常じゃないし、意図的に勝負馬を仕込まなければ不可能だからな。

萩原オーナーの愛馬一覧。現在は看板馬ウェディングフジコを始め7頭しか所有していない
※萩原オーナーの愛馬一覧。現在は看板馬ウェディングフジコを始め7頭しか所有していない。

これが世間で「インサイダー情報」と呼ばれている代物だが、情報が無くても“ヤリ”が仕込まれるメカニズムを知っておけば、誰でも勝負馬を見極められる。



それを俺が

オーナー(馬主)・サイダー(インサイダー)馬券術

として、ブログや競馬最強の法則で暴露しているワケよ。



ある意味、業界を震撼させるヤバイ事をやっているんだが(苦笑)、これも全ては読者のためを思えばこそ。



俺が尊敬するプロ野球・元楽天監督の野村克也氏は

『今日も知らないより知っていたほうが良い話をします』

と言ってから選手へのミーティングを始めるらしいが、いわばオーナー・サイダーは開拓され尽くした馬券術の革命的視点であり、例えれば




ID競馬




と表現してもいいだろう。



その根拠は俺が『この馬主さんは☆☆競馬場で“ヤリ”が仕込まれた時の成績が良いな…』と何となく思って調べてみたら、数字上でも裏が取れたのがキッカケだからな。
野村監督の「ID“野球”」もベースは数字の裏付けだし、これによりインサイダー情報の精度が飛躍的にアップしたのは言わずもがなだ。



そしたら最後は「ID競馬」によって数字上も裏が取れている、ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬を教えてやろう。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬]
月曜中山★R
☆☆☆☆☆に出走予定
banner2.gif
上記で取り上げた萩原昭二オーナーの勝負馬。
陣営も『前走は最終追いでビッシリ追ったが間隔があいた分だけ、気持ち馬体にも余裕があった。詰めて使う今回は引き締まってくると思うし、メンバー的にもそろそろチャンスじゃないかな』と星勘定に加えている。
まぁ、前走の走りでグリグリになるのは目に見えている上に、ブログで書いちまったからヤマニンフリアンドの時と同じく配当は期待できないけどな(笑)


月曜中山★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
年末12/30のブログで書いた情報馬。
最終的に陣営の判断でオーナーが来場した金杯当日のレースは牡馬相手になるから回避して、3日間開催の牝馬限定戦に出走。
中山金杯の結果を見れば「名より実を取った」のは明らかだし、メンバー的にも配当妙味が期待できそうだぜ。

おまけ
有馬記念のプレゼンターを務めた野村監督。笑顔がマブしいぜ…
※有馬記念のプレゼンターを務めた野村監督。笑顔がマブしいぜ…。


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓
                         
                                  

コメント